日本地図
岐阜の注文住宅メーカー・工務店ガイド » 岐阜で家を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 必要な費用とその内訳

必要な費用とその内訳

注文住宅を建てる際にかかる費用について紹介。本体価格や土地の取得費用はもちろんですが、それ以外にもさまざまな諸費用がかかります。その内訳を解説しましょう。

注文住宅にかかる費用の内訳は?

住宅画像家を建てる場合、本体工事費用や坪単価にばかり目が行きがちですが、それ以外にもかかる費用がたくさんあります。それをしっかり計算に入れておかないと、後になって予算オーバーをしてしまうことがあるので、注意しましょう。

まず、家を建てる場合にかかる費用は、大きく3つに分けられます。

  • 本体工事費用 総費用の75~80%
    設計費用、建物本体の工事、内外装、給排水・電気などの設備工事費用
  • 付帯工事費用 総費用の15~20%
    外構工事、水道・ガス負担金、冷暖房工事費、家具工事など
  • 諸費用 総費用の5~10%
    住宅ローン手数料、登録手続き費用、保険、税金、引っ越し費用など

さらに、本体工事費用には、以下の3つに分類されます。

  • 躯体工事費用
    いわゆる、家本体の部分。木造住宅の場合、躯体工事費用の3割ほどを占めるといわれています。耐震性などにも影響してくる重要な部分です。
  • 仕上げ工事費用
    内装や外壁、建具などにかかる費用。素材によって異なりますが、床を無垢材にしたり、壁に珪藻土を使用したりすると、この部分の金額がアップすることが多いです。
  • 設備工事費用
    電気工事や給排水工事などの費用です。近年、この設備工事費用の割合が高くなっているといわれています。太陽光パネルや換気システムなど、住宅の性能をアップさせる機能の普及によるものと考えられます。

これ以外に、地盤を調査する場合には測量費や地盤調査費、地盤を改良する場合には地盤改良費、建て替えの場合は古い家の解体費も必要になります。付帯工事と諸経費などを合わせると、400~500万円ほどかかるといわれています。

つまり、家を建てる場合に必要な費用は土地代+建物本体価格+付帯工事・諸費用(400~500万円)となります。

建物の本体工事だけでなく、それ以外にかかる費用についても計算しておかないと、借入金が多くなってしまいます。するとローンの返済に支障が出ることもあるので、しっかり確認しておきましょう。

岐阜にあるオススメ工務店3業者の注文住宅費用をチェック>>

岐阜の注文住宅おすすめ3選

一条工務店

一条工務店のロゴ

費用目安:2,400万円

特徴
業界トップクラスの実績を誇り、価格やデザインに合わせたバリエーション豊かな家づくりが魅力的。

やまぜんホームズ

やまぜんホームズのロゴ

費用目安:1,500万円

特徴
地域密着型のメーカーだからこそ実現できる万全のアフターフォローと圧倒的なコストパフォーマンス。

鷲見製材(季然)

鷲見製材(季然)のロゴ

費用目安:2,600万円

特徴
国産の木材のみを使用した、自然空間あふれる和モダンなデザインで落ち着きのある暮らしを実現。

岐阜の注文住宅
おすすめ3選!

 
pagetop