日本地図
岐阜の注文住宅メーカー・工務店ガイド » 岐阜で家を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 地震に強い注文住宅を建てるなら知っておきたい耐震基礎知識

地震に強い注文住宅を建てるなら知っておきたい耐震基礎知識

地震への対策は耐震・免震・制震の3種類

耐震

揺れに耐えるのが耐震です。壁や柱など、建物の構造によって揺れに耐えます。

地震が繰り返し起こることに弱い傾向にあります。

一定基準以上の耐震構造を設けることが建築基準法で義務付けられています。

 

免震

揺れを伝えないようにするのが免震です。地盤の揺れを建物に伝えないようにします。地震には強いですが、地盤と建物を切り離しているために竜巻や津波に弱い傾向にあります。

コストがかかるため普及率は高くありません。 免震は義務ではなく、多様な建物に使うことのできる技術ですが、コストの面でも戸建て住宅にはあまり用いられません

制震

揺れを吸収するのが制震です。地震のエネルギーを吸収して、建物に伝わる揺れを少なくすることが目的です。揺れを吸収する装置を建物自体に組み込みます。

震も免震同様に義務ではありませんが、免震よりもコストがかからないため、近年ではよく用いられるようになってきています。

耐震には3段階の等級があり、等級3は等級1の1.5倍の耐震力を持つ

耐震は建築基準法で3段階の等級が存在します。等級1を建築基準法の基本とし、3がもっとも地震に強い等級です。

数百年に1回の大規模な地震でも倒壊しないレベルを等級1として、等級1の1.25倍の力でも倒壊しないレベルを等級2、等級1の1.5倍の力でも倒壊しないレベルを等級3としています。

等級を証明する耐震性能評価書は、住宅保証検査機構などに依頼すれば発行してもらうことができます。耐震性能評価書があると、地震保険に加入する際に割引などが受けられます。

集成材の耐震力は無垢材の1.5倍!しかも収縮しにくく腐りにくい

集成材の地震に対する強さは無垢材の1.5倍です。

集成材は、木材を乾燥させて一定の含水率にし、節や割れなどを取り除いた板を積み重ねて作ります。含水率は10%〜15%程度が理想とされ、高いと強度が下がるのに加えて腐ってしまいやすくなりますが、集成材は木材の水分を減らしてから加工しているので、収縮しにくく腐りにくいです。そのため、耐震性も高くなっています。

無垢材には、木の節や割れがあることがあり、集成材と比べると耐震に関して期待はできません。経年劣化も起こりやすいため、湿気の多い環境であれば耐震性も下がっていきます。木材が反るなどの変化も起こるので、強度に問題が出る場合が考えられます。

含水率も、外側は乾燥して低くても内側は高いなど均一ではなく、一定の品質に統一するのが難しいのです。

住まいを地震に強くするためには筋交いを入れて金物で補強する

柱と柱の間にななめに入れるのが筋交いです。

建物の角部分に筋交いを入れ、また二階建ての建物の場合、上下階で柱の位置と筋交いの位置をどちらも揃えるのが理想です。それによって耐震性が増すのです。

地震が起きても柱が過度に揺れないようにするのが目的で、同じ面の両はしに筋交いを入れる場合は対称方向に入れるのが揺れに耐えやすくするための基本です。

補強金物は組み合わせた木材同士が緩んだり離れたりするのを防ぐ役割を持っており、位置や金物の種類は建築基準法の告示によって定められています。

地震の際に木材を組み合わせた部分が外れて建物が倒壊するのを防ぐ目的があり、筋交いの上下部分を留めたり柱を接合したりするのに用いられています。

それぞれの種類ごとに接合方法も決められていて、耐震にとって非常に大切な部分です。

岐阜の注文住宅おすすめ3選

一条工務店

一条工務店のロゴ

費用目安:2,400万円

特徴
業界トップクラスの実績を誇り、価格やデザインに合わせたバリエーション豊かな家づくりが魅力的。

やまぜんホームズ

やまぜんホームズのロゴ

費用目安:1,500万円

特徴
地域密着型のメーカーだからこそ実現できる万全のアフターフォローと圧倒的なコストパフォーマンス。

鷲見製材(季然)

鷲見製材(季然)のロゴ

費用目安:2,600万円

特徴
国産の木材のみを使用した、自然空間あふれる和モダンなデザインで落ち着きのある暮らしを実現。

岐阜の注文住宅
おすすめ3選!

 
pagetop