こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較

注文住宅会社選び、施工例、地域情報を総まとめ。大満足の家づくりを叶えるパーフェクトガイド

こだわり別おすすめ注文住宅会社3

デザインとコスパを
両立した家づくり

グランハウス

中心価格帯
1600-2600万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

厳選された
自然素材の家づくり

ひだまりほーむ

中心価格帯
2400-3400万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

トヨタの技術を
いかした家づくり

トヨタホーム

中心価格帯
2000-3000万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト
こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
岐阜の注文住宅ガイド » 岐阜市周辺の住環境を紹介! » 岐阜の注文住宅相場と坪単価

岐阜の注文住宅相場と坪単価

住宅金融支援機構の調査の結果を参考に、岐阜県で注文住宅を建てた方の費用相場をまとめました。

岐阜県の住宅相場

注文住宅+土地の場合

岐阜県 建物:2,756.4万円 土地:867.8万円 合計:3,624.2万円
全国 建物:2,663.3万円 土地:1,291.4万円 合計:3,954.7万円

岐阜県で注文住宅を建てる際、土地もあわせて購入した方の相場はおよそ3,624万円でした。内訳は建物自体がおよそ2,756万円、土地購入費用がおよそ868万円です。

全国の平均相場は建物自体がおよそ2,663万円、土地購入費用がおよそ1,291万円。合計するとおよそ3,955万円です。

岐阜県は全国平均と比べると土地相場が安め。そのぶん、マイホーム自体にお金をかける方が多いようですね。

注文住宅のみの場合

岐阜県 建物:3,228.3万円 土地:-万円 合計:3,228.3万円
全国 建物:3,312.2万円 土地:-万円 合計:3,312.2万円

土地をもともと所有している方の場合、相場はおよそ3,228万円でした。全国の平均相場と比べると、差はおよそ84万円。延床面積の平均は岐阜県のほうがわずかに広めですが(0.1坪)、それでも全国の平均相場より安く注文住宅を建てられます。

岐阜県の家の大きさと坪単価

注文住宅+土地の場合

岐阜県 延床面積:35.2坪 坪単価:78.3万円
全国 延床面積:34.2坪 坪単価:77.7万円

土地付きで注文住宅を建てた方の場合、延床面積の平均はおよそ35.2坪。坪単価はおよそ78.3万円でした。全国の平均は34.2坪です。岐阜県は土地相場が安めなので、そのぶん大きな土地で大きな家を建てる方が多いのでしょう。

注文住宅のみの場合

岐阜県 延床面積:39.2坪 坪単価:82.3万円
全国 延床面積:39.1坪 坪単価:84.6万円

注文住宅のみの場合は、全国平均が39.1坪であるのに対し、岐阜県の平均は39.2坪でした。こちらの差は0.1坪とわずかですが、やはり全国平均と比べると広めの家を建てる方が多いようです。

岐阜県の土地相場

岐阜県全体の土地相場を調べたところ、1坪あたり15~15.1万円でした。市町村地価ランキング上位10エリアを一覧にまとめると、以下のようになります。

1位:岐阜市 坪単価平均:32万1,434円
2位:大垣市 坪単価平均:20万6,300円
3位:北方町 坪単価平均:18万9,669円
4位:岐南町 坪単価平均:18万8,760円
5位:高山市 坪単価平均:17万3,446円
6位:瑞穂市 坪単価平均:17万0,295円
7位:各務原市 坪単価平均:16万5,055円
8位:笠松町 坪単価平均:15万2,066円
9位:多治見市 坪単価平均:14万5,723円
10位:羽島市 坪単価平均:13万3,627円

最も高いのは、岐阜県の中心地・岐阜市で1坪あたり約32.1万円。なかでも、交通の利便性に優れた駅周辺の土地相場が高額になっており、坪単価50万円を超えるエリアもありました。その反面、坪単価20万円以内のエリアも多く、駅チカにこだわらなければ、検討できないわけではありません。

次いで大垣市が約20.6万円、北方町が約19万円…と続きます。

エリアによって坪単価が大きく異なるので、注文住宅を建てる際は土地探しも対応できる施工会社に依頼したほうが良いでしょう。プロの目で、ニーズに合わせた土地を見つけてくれるので安心です。

その他にかかる費用

付帯工事費用

施工費用とあわせてかかる費用のこと。これは立地や土地の条件、建て替えか否かなどで大きく左右されるので、有無や金額もケースバイケースです。また、施工会社によっては地盤調査費用を負担してくれる会社もあります。

付帯工事費用は、だいたい数百万円はかかると見積もっておいたほうが良いでしょう。代表的な付帯工事項目は以下の通りです。

諸経費

施工・工事以外にかかる、登記費用や不動産取得税、住宅ローンの関連費用などです。こちらの金額もケースバイケースですが、およそ200~300万円ほど。代表的な項目は以下の通りです。

そのほか考慮しておきたい費用

家づくりに関するお金ではありませんが、引っ越し費用や式祭典費用、引っ越し挨拶時の手土産にもお金がかかることを頭に入れておきましょう。

また引っ越し費用は時期も考慮したうえで見積もっておかなくてはなりません。引越し業者は3月・4月が繫忙期のため、費用が割高になります。予約も埋まりやすいので、早めに連絡しておくようにしましょう。

費用を抑えてオシャレに建てられる会社紹介

デザイン性の高い家を低コストで。コスパ重視のグランハウス

グランハウス一級建築士事務所公式サイトキャプチャー
引用元:グランハウス一級建築士事務所公式サイト(http://granhouse.co.jp/)

グランハウスの特徴

人件費や維持費などのコストカットすることで、高品質の家が手の届く料金で手に入れられるグランハウス。モデルハウスがなく営業担当もいないので、かかる費用は材料費・大工工事費・設計料と、家づくりに必要な3つの最低限のコストに抑えています。設計士3人以上がひとつの家づくりに携わるので、ミスが少なく、たくさんのアイデアがつまった家づくりが可能。また、設計士と直接相談しながら家づくりができ、設計の自由度も高いのも魅力のひとつです。相談から設計、メンテナンスを自社で一貫して対応しており、点検も30年継続。他社と比べて安心して住まいづくりを任せられるといえるでしょう。

グランハウスの公式HPで
もっと詳しく見てみる

厳選された自然素材を活かすひだまりほーむ

ひだまりほーむ公式サイトキャプチャー
引用元:ひだまりほーむ公式サイト(https://hidamari-home.jp/)

ひだまりほーむの特徴

全国14,500社以上の工務店の中から「どれだけいい住まい・暮らしを実現できるか」を基準で選ばれるLIXILメンバーズコンテストで受賞した実績を持つひだまりほーむ。「東濃ヒノキの柱」「長良杉の梁」など国産材100%の木を使用した家づくりを得意としています。夏は暑く、冬は寒い日本の気候に適した家を実現し、年中快適に過ごせるマイホームを提供。日本の建築美を活かした木造住宅や、上質な素材を活かしたハイグレード住宅、屋外で読書や四季の変化を楽しめるガーデニング付きの住宅など「和」をモチーフにした家づくりで実現してくれます。

ひだまりほーむの公式HPで
もっと詳しく見てみる

大手で安心感のあるトヨタホーム

トヨタホーム公式サイトキャプチャー
引用元:トヨタホーム公式サイト(http://www.toyotahome.co.jp/)

トヨタホームの特徴

トヨタグループのハウスメーカーで自動車・環境・ITなど複数の分野で培われた技術を活用しているトヨタホーム。たとえば、防サビ技術は自動車の技術は駆使されています。

トヨタホームで最も力を入れているのは耐震性です。独自の鉄骨ラーメン構造により、鉄の持ち味であるしなやかさと強さを発揮。また、業界トップクラスの角の太い柱を使用することで、一般的な構造材に比べて優れた耐震性を実現しています。また、ハイクオリティの家づくりを実現するため、全体の85%を自社工場で生産。天候にも影響をされず、室内で行なわれるため、工程の徹底したシステム化により高品質かつ生産効率の向上につなげています。トヨタグループだからこそできる高品質な家づくりが魅力と言えるでしょう。

トヨタホームの公式HPで
もっと詳しく見てみる

こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
こだわり別
おすすめ注文住宅会社3選

岐阜の工務店、ハウスメーカー、設計事務所カタログ

Copyright (C)岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較 All Rights Reserved.