日本地図
岐阜の注文住宅メーカー・工務店ガイド » 岐阜で家を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 対面キッチン3つの種類とメリット・デメリットを解説

対面キッチン3つの種類とメリット・デメリットを解説

行き止まりなく回れる「アイランドキッチン」

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは島のように独立したレイアウトのキッチンのことを指します。使い勝手がよいことから、今とても人気のキッチン様式です。

周りに壁がないため、すっきりとしたキッチン周りを実現することができ、広い空間を効率的に使えるので、高所得者層を中心に採用されているデザインです。

【メリット】

  • すっきりとした印象かつスタイリッシュな印象
  • 自由度の高い仕様

壁に接していないので、周囲を一周することができ、行動を制限されることがありません。

例えば食事をするときに冷蔵庫にケチャップを取りに行こうと思ったら、通常のキッチンだと障害となるものを避けながら取りに行く必要があります。

アイランドキッチンならどちらから行っても、簡単に目的地に行くことが可能です。

【デメリット】

  • 周りから丸見えになってしまう

部屋の真ん中にある形になるため、散らかっている状態であった場合は少しだらしない印象を周りに与えてしまいます。また障害物がないため料理をしている姿が周りから丸見えです。

  • 油はねやゴミが散らかる

周りに壁がないため油やごみが散ってしまうケースもあります。

片側だけ壁に接した「ペニンシュラ型キッチン」

ペニシュラとは英語で半島を意味します。

片側が壁に面しているので、アイランドキッチンのデメリットを軽減したタイプといってよいでしょう。片側にのみ壁があるため、使い勝手のよさとデザイン性を両立しています。

【メリット】

  • ダイニングに向かい合って料理をすることができる

お子さんがいる家庭では安心感が違います。料理をしながらテレビを見るのも簡単なので、「ながら作業」が好きな人には使いやすいです。

  • 間取りの制約が小さい

そんなに場所を広く取れない場合でも設置することができます。

【デメリット】

  • 煙やにおいが充満する

壁があるとはいっても、それだけで煙を防ぐことは難しいです。ペニンシュラ型キッチンは部屋の真ん中にあるタイプなので、ついたてなどで予防しないと部屋全体ににおいを含んだ煙が充満してしまいます。

壁に囲まれたシンプルな形式「 I型キッチン」

昔からあるシンプルな形式のキッチンです。

周りが壁に囲まれ、設置位置は部屋の奥が多いです。シンプルなだけにコストパフォーマンスも高く、カスタマイズもしやすい仕様となっています。

【メリット】

  • 狭いスペースにも設置できる

上記で説明したキッチンタイプは部屋の真ん中に設置する必要があるため、余裕を持った部屋の広さが必要となりますが、I型キッチンは部屋の端に設置することが多く、それほど広い部屋でなくても設置が可能です。

  • 換気しやすい

壁に面しているため換気扇も近く、換気しやすいのは大きなメリットといえるでしょう。

  • 掃除が簡単

壁に囲まれているので油が飛んでも簡単に掃除でき、多少散らかっていても周りから見えにくいです。

【デメリット】

  • 部屋の奥に設置されることが多い

部屋の端にある場合が多いので、何か忘れ物があれば端から端まで行かなくてはいけません。

  • 開放感がない

他のタイプと比べてスタイリッシュさにも欠けますね。開放感がなく、窮屈さを感じる人もいるでしょう。

岐阜の注文住宅おすすめ3選

一条工務店

一条工務店のロゴ

費用目安:2,400万円

特徴
業界トップクラスの実績を誇り、価格やデザインに合わせたバリエーション豊かな家づくりが魅力的。

やまぜんホームズ

やまぜんホームズのロゴ

費用目安:1,500万円

特徴
地域密着型のメーカーだからこそ実現できる万全のアフターフォローと圧倒的なコストパフォーマンス。

鷲見製材(季然)

鷲見製材(季然)のロゴ

費用目安:2,600万円

特徴
国産の木材のみを使用した、自然空間あふれる和モダンなデザインで落ち着きのある暮らしを実現。

岐阜の注文住宅
おすすめ3選!

 
pagetop