こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較

注文住宅会社選び、施工例、地域情報を総まとめ。大満足の家づくりを叶えるパーフェクトガイド

こだわり別おすすめ注文住宅会社3

デザインとコスパを
両立した家づくり

グランハウス

中心価格帯
1600-2600万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

厳選された
自然素材の家づくり

ひだまりほーむ

中心価格帯
2400-3400万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

トヨタの技術を
いかした家づくり

トヨタホーム

中心価格帯
2000-3000万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト
グランハウス ひだまりほーむ トヨタホーム
デザインとコスパを両立した家づくり 厳選された自然素材の家づくり トヨタの技術をいかした家づくり
1600-2600万円
(35坪)
2400-3400万円
(35坪)
2000-3000万円
(35坪)
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
岐阜の注文住宅ガイド » 岐阜市周辺の住環境を紹介! » 関市で注文住宅を建てる

関市で注文住宅を建てる

V字型をした個性的な形が特徴的で、濃尾平野の北部に位置し、県内人口6位を誇る関市。

住みやすさだけではなく、名古屋への通勤時間や子育て環境、口コミなど様々な角度から紹介します。施工を対応してくれる業者も紹介しているので、岐阜県で注文住宅をと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

関市で注文住宅をたてるなら
こだわり別、岐阜のおすすめ注文住宅会社3選

こだわりのあるデザインを選ぶなら
グランハウス一級建築士事務所

グランハウス一級建築士事務所の施工事例
引用元:グランハウス一級建築士事務所公式(https://granhouse.co.jp/works/p193/)

特徴

一級建築士との「二人三脚」

グランハウス一級建築士事務所では、設計士と話し合いができます。自分自身の思いを直接ぶつけることができるのがメリットです。メリット・デメリットの説明もしてもらえるので、自分や家族と細かく判断したうえで住宅設計を進められます。

「ちょっとカッコいい」家造りに力を入れており、機能性を失わずにデザインの良い設計を行うことに力を入れているのが魅力です。また、できる限り同年代の設計士が担当することで、同じ年代のセンス感覚を理解できるようにしています。

コスト面も考えてくれる業者

施主の限られた予算の中で、良いものを如何に作るのかというテーマを持っています。できる限り低コストでの建設を目指しているので、無理のない注文住宅が実現できるでしょう。グランハウス一級建築士事務所にはモデルハウスがなく、営業マンがいません。その分の費用がかからないので、コストダウンにもつながっています。

7つの安心について

グランハウス一級建築士事務所では「7つの安心」を掲げ、家を建てるだけではなく建てた後も安心できるサポートを用意しています。決して「建てるだけで」ではなく、建てることで付き合いが始まるとの考えをモチベーションがポイントです。無理な提案はしない、税理士と一緒に補助金や税金の申請をチェックできるなど、さまざまな点でサポートしてもらえます。

グランハウス一級建築士事務所の公式HPで
もっと詳しく見てみる

グランハウス一級建築士事務所の公式HPで
もっと詳しく見てみる

建設中の家も見学できる
サティスホーム

サティスホームの施工事例
引用元:サティスホーム公式(https://satishome-gifu.com/works/17359)

特徴

随時見学会を開催している

サティスホームはおよそ月に一度、完成見学会を実施しています。見学会を通して、サティスホームがどのような家を建てるのかを体感できるのがメリットです。新築に足を踏み入れることで、新築へのモチベーションを刺激できます。図面やホームページの画像で見るよりも、実際に、足を踏み入れて新築を「体感」することで、自分の建てたい家をイメージしやすくなるでしょう。

建築中を見学できるケースもある

完成した家屋だけではなく、建築中の現場を訪問できる機会も設けています。完成した家も新鮮な刺激をもたらしてくれますが、建築中の家を見ることで、実際にどのような形で建築しているのか、ホームページの画像だけでは確認できない点をチェックできるのがメリットです。

強引な売り込みはしないとしているので、営業されるのは苦手という方でも気軽に参加できるでしょう。希望すればプランの作成や見積もりも対応してもらえます。

Instagramを有効活用

サティスホームはInstagramに公式アカウントを開設し、外観や内装の画像をアップしているので、スマートフォンから簡単に確認ができます。見学会に行く前の段階で確認することで、サティスホームがどのような家づくりを行っているのか、SNSで気軽に確認できます。

サティスホームの公式HPで
もっと詳しく見てみる

サティスホームの公式HPで
もっと詳しく見てみる

こだわりの木造住宅を施工している
弘栄工務店

弘栄工務店の施工事例
引用元:弘栄工務店公式(https://kouei-net.jp/housegallery/01/)

特徴

営業マンがいない工務店

弘栄工務店には営業マンがいません。窓口がないことを意味しているのではなく、建築士免許を持つ現場経験者が窓口として対応しています。施主はマイホームへの思いを直接ぶつけることができるうえ、具体的なアドバイスももらいやすいのがメリットです。

また、グループ会社と連携して効率的に資材を仕入れており、品質を保ちながらコストカットに取り組んでいます。

木造へのこだわり

弘栄工務店の特徴として、木造へのこだわりが強い点が挙げられます。正確な技術による木造は、大地震にも耐えられるよう設計されており、10センチ角の柱は6トンから9トンの負荷にも耐えられるとのこと。JAS規格もクリアしていることで、木材の腐敗・変形を抑える等、木材・木造双方にこだわりを持っているのが魅力です。。

アフターフォローの充実振り

地盤保障が20年、シロアリ補償が10年間有効です。バルコニーには10年の防水保証が用意されているなど、法律で定められている瑕疵責任以外にもアフターフォローを用意してくれています。

弘栄工務店の公式HPで
もっと詳しく見てみる

弘栄工務店の公式HPで
もっと詳しく見てみる

その他にもある関市のおすすめ注文住宅会社

市原建設

市原建設施工事例
引用元:市原建設公式サイト(https://www.ichihara-kensetu.com/publics/index/111/)

パナソニックビルダーズグループの加盟店

管理人

市原建設はパナソニックビルダーズグループ加盟店で、パナソニックの耐震住宅工法であるテクノストラクチャーを採用しています。自由設計とテクノストラクチャーの組み合わせで、お客のニーズに的確に答えてくれるでしょう。

また、理想の家をライフスタイルから勘案してくれるのもポイントです。お客が持つ想いの深い部分まで理解し、形にすることを心掛けているので、話し合いの中で自分自身でも具現化できていなかった「理想の家」をイメージできるようになるでしょう。

市原建設の基本情報

森住建

森住建施工事例
引用元:森住建公式サイト(https://www.mori-juken.jp/works/3702/)

全棟長期優良住宅対応

管理人

森住建の住宅は、全棟長期優良住宅に対応しています。耐震構造と断熱性に優れているので、快適に過ごせる住宅を実現できるでしょう。特に「Kダンパー」と呼ばれる国土交通大臣認定の耐力壁は、耐震+制震の考え方で震度7規模相当の揺れにも耐える力があります。

また、Kダンパーだけに頼るのではなく、基礎からしっかり行う点や土台である地盤調査も徹底している森住建。地盤が弱い場合には基礎補強や地盤補強を行うことで、安心できる家づくりの実現に力を入れています。本社は岐阜市ですが、関市にも支店を構えておいるので十分に活動範囲です。明治20年創業と、歴史と経験のある業者でもあります。

家族愛や超高齢化の他にも、環境に配慮した住宅造りを実施。各家族に合わせた施工で、施主や家族が笑顔で過ごせるように取り組んでいます。

森住建の基本情報

関市のすみやすさは?

関市は英語の「V」のような形をした街です。南部は濃尾平野の北部に位置していることから平野が広がっているものの、「両翼」の部分とも言うべき北部は山間部に入っています。北部と南部とでは、生活様式が異なるのもポイントの1つです。

南部の長良川鉄道沿線の場合、美濃太田駅から乗り換えることで名古屋にもアクセスできます。乗り換えが必要ではあるものの、名古屋駅までは約1時間です。自動車の場合、関ICからであれば名古屋はもちろん、岐阜にも短時間でのアクセスできます。

ちなみに坪単価は2020年2月現在で77,000円程と、およそ32万円の岐阜市の3分の1以下です。その他のエリア(多治見市や可児市)と比べても低い価格となっています。岐阜県の市町村の中でも地価価格が低め(2019年時点で42位中26位)です。

関連した記事を紹介します!

岐阜で家を建てる際の坪単価と注文住宅相場を紹介!

注文住宅を建てる際に一番気になるのは費用面ですよね。このページでは注文住宅を建てる時に皆さんがどれくらいかけているのかの平均や地域によって違う坪単価についてを紹介しています。これから建てようと検討している人は是非チェックしてみてください。

自然と大都市へのアクセスに恵まれた住みやすい街

関市は比較的治安が良い点や、名古屋や岐阜といった大きな街に比較的出やすい環境が整えられている一方で、北部には自然もあるなど、様々な特徴を持つ街です。関市のどこに住むのかでライフスタイルも変わりますが、自然に恵まれている住みやすい街だと考えて良いでしょう。

街の口コミ・評判まとめ

子育て・教育に関する口コミ

医療に関する口コミ

治安・環境に関する口コミ

自然に関する口コミ

買い物に関する口コミ

子育てに関する自治体の取り組み

産後健康診査助成制度

産後うつを予防するために受診した産後健康診査の費用の一部を助成してもらえます。

養育医療

生まれた時の体重が2,000g以下で、入院しての養育が必要だと医師に判断された場合、指定医療機関での入院の際の医療費を補助してもらえます。こちらは所得によって自己負担金が変わる制度です。

新生児聴覚検査費助成事業)

生後半年未満で検査を受けている場合、上限で3,700円で1人1回ではありますが、「自動聴性脳幹反応検査:自動ABR(AABR)」または「耳音響放射検査:OAE」に関して助成金が出ます。

子育てに関する街の環境・施設

子育て世代包括支援センター

関市保険センター内に、子育て包括支援センター「ひだまり」が用意されています。妊娠期、あるいは出産後の子育てに関する悩み相談が行えるので、子育てで悩んでいる方におすすめです。

令和2年度留守家庭児童教室

保護者が就労している環境の関市立の小学校の1年から4年に就学している子供は、通常時は平日の授業終了後から午後7時まで、留守家庭のための自動教室が開催されています。こちらは教育委員会が開催しているので、安心して利用できるでしょう。

関市が行っている住宅関連の補助金

木造住宅耐震シェルター設置補助

地震が起きた際の安全確保の遺憾として、耐震シェルターや防災ベッドを設置する費用の一部を負担してもらえます。補助金額は対象経費の3分の2(上限額30万円)です。

申し込みの要件として、

が対象となります。また、過去に補助を受けたことがなく、かつ木造住宅耐震診断の結果が0.7未満だった住宅が対象です。

高齢者いきいき住宅改善助成事業

高齢者が自宅で安心して暮らせるよう、床段差の解消、手すりの取り付けなどの改修費用の一部が助成されます。対象は65歳以上の高齢者専用居室や浴室、洗面所、台所、便所などを改善するための経費です。利用者によって0~40%の負担率が用意されています。25万円以内のもので、基本的に1戸の住宅につき1回適用されるのが特徴です。

利用の際は

を高齢福祉課もしくは居住地の事務所へ提出しなければいけません。介護保険制度の住宅改修申請書も必要です。

平成30年豪雨応急修理

平成30年7月に発生した集中豪雨において、大規模半壊、または半壊となってしまった住宅が対象の補助金制度です。屋根や開口部、配管や衛生節義などの応急処理に関して費用を一部負担してくれもらえます。市役所にり災証明を発行してもらい、かつ応急修理の後に引き続き居住することが条件です。

世帯年収500万円以下であることも条件で、限度額は一世帯あたり584,000円。業者が発行した見積もりや修理前の写真などが必要になります。

ブロック塀の撤去費補助

災害発生時に起こりうる死傷者の発生や通行の支障など、二次被害を及ぼす危険性のあるブロック塀に関して撤去時の費用を補助してもらえます。補強コンクリートブロック、あるいは組積造で、道路に面している兵から道路巨回戦までの最短距離が塀の高さ以内などの条件付きです。

交付の条件として市税の滞納がない人で、かつ過去に補助金や助成金を受けていないこと、撤去後に同じ場所にブロック塀を設置しないことも条件となっています。

補助金額は補助対象経費の2分の1(最大で300,000円)ですが、

のいずれか少ない額が補助対象経費です。

特定空家等の解体工事費補助金

市内の住居環境確保のために、特定空き家の解体工事を行う業者に対して解体工事費を一部負担します。対象となる条件は

です。

放置していると危険な状態だったり、あるいは著しく景観を損ねている状態だったりした場合、所有者に対して経費の2分の1(限度額30万円)が補助されます。解体業者に支払ったものからの補助となるので、事前に補助を受けられるものではありません。解体業者に依頼し、空家を撤去した後に補助される性質である点は理解しておきましょう。

3世代同居世帯奨励金

関市外から転入してきた人を対象に、親・子・孫の3世代で同居もしくは隣居する際に奨励金が交付されます。2019年からは、奨励金の一部を地域経済応援券(せきチケ)で渡しているようです。せきチケは関市内にある協力店で利用できます。せきチケ利用可能店舗は、せきチケのステッカーが貼ってあるのが目印です関市公式サイトからも、対象店舗を確認できます。

3世代同居世帯奨励金で交付される額

親もしくは子供の転入で3世代同居になった場合は、5万円を交付してもらえます。そのうち3万円は地域経済応援券です。

また、対象者がリフォームを行った場合、住宅改修費でかかった金額の半分(最大20万まで・1回のみ)が加算されます。転入日の前後6ヶ月以内の場合にのみ適用されるので、早めに申し込みをしておくのがおすすめです。

3世代同居世帯奨励金の対象者

関市の公式サイトでは、以下のように記載されています。クリアしなければならない条件が複数あるので、全てに該当するかチェックしたうえで申し込みをしましょう。

  1. 3世代世帯の親または子が平成30年4月1日から令和5年3月31日までに関市に転入し、転入前1年以内に関市に住民登録がないこと
  2. 3世代世帯が同居または隣居(同一敷地内または隣接する敷地内に2棟以上の建物で居住)しており、同居または隣居を3年以上継続する見込みであること
  3. 3世代世帯の孫が18歳未満であること
  4. 対象住宅の所有権が、3世代世帯の構成員のいずれかの者の名義であること
  5. 申請日が1の転入日から6か月以内であること
  6. 市税等の滞納がないこと

※リフォーム費用の助成事業が対象になる方は以下の7.から10.も該当すること

  1. 住宅は、昭和56年6月1日以降に建築された住宅であること
  2. 住宅は、関市内に個人が所有する住宅であること。ただし、店舗などを兼ねる家屋である場合は、居住部分の面積が1/2以上であること
  3. リフォーム費用の支払い日が1の転入日の前後6か月以内であること
  4. 申請日が9.のリフォーム費用の支払日から6か月以内であること

引用元:関市公式サイト(https://www.city.seki.lg.jp/0000012355.html)

関市の「住宅・建築」に関する取り組み

地震防災マップの策定

関市では地域住民の防災意識を高めるために、市内において地震の防災マップを作成しています。特に岐阜県エリアは東海地震や東南海複合型地震が想定されているので、事前に防災マップの詳細は知っておいたほうが良いでしょう。

中部、西部、東部それぞれにおいて地震の揺れによって建物にどれだけの被害が出るのかが分かります。東海エリアを襲うとされている地震に関して、一人一人が防災意識を高めるようにと配慮されている防災マップ。全壊する建物の割合を示して、各々の住まいにおける耐震・制震への興味をとの狙いもあるようです。

あくまでも目安ではありますが、東海地震は「いつ起きてもおかしくはない」とされています。家屋の安全のみならず、日常生活の中での防災意識向上も狙いです。

東京圏からの移住支援事業

東京23区に5年以上継続して在住、あるいは通勤していた方の関市移住支援策が実施されています。都道府県が運営するマッチングサイトの移住支援金対象企業の求人に応募し、就業が決まった場合に移住支援金が支払われるというシステムです。交付金額は単身の場合60万円、世帯での場合は100万円となっています。

また、23区ではなくても東京圏における条件不利地域以外の地域に居住し、5年以上雇用保険の被保険者あるいは個人事業主として23区内の起業に通勤していた場合にも適用可能です。

注意点としては、一時的な移住ではなく継続して5年以上の居住意思がある点が条件となっています。市に納付すべき市税や保育料、水道料金などで滞納がないことも必須です。

関市都市計画マスタープラン

関地域や武芸川エリアを中心に策定された都市化計画です。関市に関わらず、日本全国各地は今後の社会情勢を見据えた都市計画が求められています。当初は平成12年に策定されたもので、その後平成23年、平成25年に改良が加えられました。

コンセプトとしては、今後関市がどのように発展するのかを含めたロードマップです。関市の将来像をしっかりと見据えることで、関市が今後どのような街に発展していくのか考えられています。

関市への居住を検討している人は、ロードマップを見ることで自らのライフスタイルに合致しているのかイメージしやすくなるはずです。住まいを考えるということは、ライフスタイルを決めることも意味します。街としてどのような発展を目指しているのかが分かれば、居住を前向きに検討しやすくなるでしょう。

住居表示制度

関市では住居表示制度を採用しているのが特徴です。住居表示とは居住地とは別の住居番号を割り振られるもので、住所に居住地と住居表示の二種類が表示されます。あくまでも区分的なもので、日常生活に支障をきたすことはありません。

関市は古くからの建物が多いエリアです。住所だけでは、どこなのかを特定することが困難な世帯も珍しくありません。運送業のみならず、明確な住居表示ができないことでトラブルの原因になってしまったり、行政の取り組みが徹底できなかったりするケースも想定されることから、住居番号が用意されています。

関市開発指導要綱の策定

関市では様々な開発が行われています。担当業者が適切に、かつ秩序のある施工を置越えるよう関市開発指導要綱を策定しています。1,000平方メートル以上の開発事業の計画の際には、基準を定めなければいけません。これは人と自然が共存する生活環境の土地利用推進などが目的とされています。

関市は自然溢れる街ですが、都市化が進むとなれば自然を損ねてしまう可能性もあるのが懸念点です。自然との共存を掲げている関市では、むやみに自然を破壊することなく、自然との共存を目指しています。その点を業者にも徹底してもらうためのガイドラインだと考えると良いでしょう。

組合施行土地区画整理事業について

関市において組合施行土地区画整理事業が行われる際には、手順が定められています。土地所有者や住民の合意を経て、市への技術援助の申請、さらには事業計画や法手続きが必要です。住民が知らないところで勝手にあれこれ決まってしまうことはありません。

せっかく移住したり、マイホームを建設したりしたものの、自分の知らないところで勝手に行政が都市計画を立ててしまい、立ち退きを命じられてしまうようなことはないでしょう。そうならないよう、ルールがしっかりと定められています。

関市で家を建てる時に検討すべき住宅メーカーまとめ

主要都市へのアクセスが悪くはない関市

関市は名古屋や岐阜といった中京圏・東海圏の主要都市へのアクセスが悪くはありません。鉄道網であれば名古屋は比較的アクセスしやすい環境ですし、自動車であれば名古屋はもちろん岐阜にもアクセスしやすいです。自動車社会でもあることを踏まえると、名古屋や岐阜が、比較的「近い街」と感じることでしょう。

関市は治安がよく自然も豊富で子育てにぴったり

関市は治安も良く、さらには自然も豊富なので、子供を伸び伸びと育てられる環境が整えられていると考えて良いでしょう。都会の喧騒よりも、治安の良さから大自然に囲まれた伸び伸びとした生活が送れる街です。

関市は理想の家が建てやすい

関市は地価が岐阜市のおよそ3分の1です。自動車を駆使すれば、30分程度でアクセスできます。単純に岐阜市で建てるよりも、多くの予算を割けると考えられます。気に入る土地を見つけられれば、理想の家を建てやすいでしょう。

その他にもある、
岐阜で注文住宅を建てる際の住宅メーカー紹介!

こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
こだわり別
おすすめ注文住宅会社3選

岐阜の工務店、ハウスメーカー、設計事務所カタログ

Copyright (C)岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較 All Rights Reserved.