日本地図
岐阜の注文住宅メーカー・工務店ガイド » 大垣・各務原が戸建に住みたい人から人気の理由を探る

大垣・各務原が戸建に住みたい人から人気の理由を探る

岐阜県内の「住みたい街ランキング」で上位にランクインする、大垣市と各務原市の住みやすさを紹介しています。

戸建で住むなら大垣市&各務原市

大手の住宅情報サイトが行った直近のアンケート調査によると、2013・2014年の一戸建て人気エリアランキングで各務原市は第3位大垣市は第5位にランクインしました。その理由とはいったい何でしょうか。

各務原市

岐阜市や名古屋市のベッドタウンとして発展してきた各務原市。市内には各務原市民公園をはじめ、大規模公園や緑地が多数あるため、子育て世帯からの人気を集めています。

また、各務原市は「公園都市=パークシティ」をまちづくりの政策とし、2005年には「緑の都市賞」内閣総理大臣賞を受賞しています。

さらに市内には、保育園・幼稚園・子育て支援施設が合計47ヶ所設けられており、この点も子育て世帯で人気を集めるポイントと言えます。

大垣市

岐阜市に次いで県内第2位の人口を誇る大垣市。定住促進事業の効果もあって、戸建を購入する人が増えているそうです。

大垣市の定住促進事業の内容は、県から受けられる補助金と同様に住宅を購入した際の住宅ローンの利子の一部や、引っ越し費用の一部を助成してくれるというもの。

たとえば大垣駅を中心とした、市の中心市街地区域に新築住宅を購入すると、年に1回、10万円を上限として住宅ローンの利子の一部が5年間、最大で50万円の助成が受けられます。

また、中学生以下のお子さんがいる家庭が、市の中心市街地区域に新築住宅を購入した場合、年に1回、10万円を上限として住宅ローンの利子の一部が3年間、最大で30万円助成されます。

さらに、市内にいる高齢者だけの世帯との、三世代同居を始めるために市外から転入する際、8万円を上限として引っ越し費用の一部助成が受けられます。

教育機関の充実もさることながら、こうした制度も、大垣市への転入を後押しする要因のひとつと言えるでしょう。

大垣・各務原で注文住宅を建てるなら!岐阜のオススメ工務店3業者をチェック>>

【岐阜県版】住みたい市郡ランキングで上位の岐阜市と高山市を紹介

岐阜県内に家を建てるなら、利便性や自然などさまざまな視点から住みやすい市を選びたいですよね。今回、一戸建ての人気エリアランキングで第1位に輝いたのは、県庁所在地である岐阜市でした。同じく上位の人気都市である高山市と合わせて、各市の魅力をご紹介します。

岐阜市

岐阜市は、県内でもっとも栄えているエリアです。織田信長ゆかりの地としても知られており、JR岐阜駅の北口広場には黄金の信長像が設置されています。県庁所在地という点もあって交通の利便性が非常によく、JRを使えば20分から30分で名古屋まで出かけることもできるほどです。

また、駅周辺の再開発も進んでおり、三菱UFJ不動産の不動産サイト「住まい1の調査」よれば、富裕度は県内でも第2位とかなり発展している都市でもあります。

岐阜駅周辺エリアの人気も高く、首都圏、関西圏、中部圏の駅の魅力を比べた週刊誌のランキングでも、岐阜駅は101駅中第2位と高評価。

岐阜市の魅力は、開発された都市部ならではの住みやすさだけではありません。自然や観光名所の多さも大きな魅力となっており、木曽三川とも呼ばれる長良川も流れています。夜景のきれいな金華山をはじめ、長良川ではかの信長が保護したといわれる鵜飼が行われており、鵜飼漁は重要無形民俗文化財の指定を受けているほど。

同じく、岐阜城の城下町は、「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町として日本遺産の指定を受けています。もみじ祭りのある真長寺、緑の豊かな岐阜公園など、紅葉スポットも多いです。

「ルドルフとイッパイアッテナ」の舞台としても知られており、じつは岐阜県自体喫茶店の店舗数が全国でも第2位、喫茶店で使う費用が全国第1位であるなど、首都圏より時間の使い方がゆったりしている人が多いのも魅力でしょう。

最後に、岐阜市にお住まいの方々の口コミをご紹介します。

「夜は車の交通量も減るので、都心部でも静かで過ごしやすい」
「中心部でも意外と自然や公園がたくさんあり、子どもとの散歩も楽」
「やっぱり交通の便がよいです。バス停も結構ありますし、岐阜駅まで行けばJRでどこにでも行けるので車がなくても困りません」

高山市

北の槍ヶ岳、南の御岳山に挟まれ、合掌造りで有名な白川郷までのアクセスもよい高山市は、県内でも有数の観光都市のひとつです。北アルプスの雄大な自然をはじめとして温泉地も多く、「飛騨の小京都」「山中の都」と呼ばれる昔ながらの町並みも人気があります。

高山市は「おもてなし365日」を掲げて観光地としてのアピールに力を入れており、外国人観光客の数も2015年に36万人になるなど、国内外でも注目の都市です。観光都市としては世界的な評価も高く、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」では最高評価の三ツ星を獲得しています。

観光地なら家を建てて住むと不便もあるのでは、と感じる人もいるでしょう。しかし、各地から観光にやってきた人たちをもてなすため、市内は街道等も整備されており、全路線100円で利用できる「まちなみバス」や「のらマイカー」といったバスも運行されているので、市内のアクセスも抜群です。

JR高山本線の飛騨一ノ宮駅から、歩いて1分ほどの場所にある臥竜公園では、春になると国の指定記念物である臥竜桜で花見ができ、朝市なども楽しめます。町並みや景色の美しさ、観光地ならではの賑わいと利便性が手に入ることを考えると、非常に住みやすい都市と言ってよいでしょう。

また、高山市では中心市街地の定住を支援しているため、家を建てるときに条件を満たしていれば、補助金がもらえるというポイントも見逃せません。

高山市の口コミも、ご紹介します。

「観光地なので車は少なめで、人通りが多いので治安がよい」
「ガイドブックに載っているようなお店もたくさんあって、休日家族で出かけるのが楽しい」
「自然が多く、隣近所の付き合いもあるから子育てするのによい土地だと思う」

岐阜の注文住宅おすすめ3選

一条工務店

一条工務店のロゴ

費用目安:2,400万円

特徴
業界トップクラスの実績を誇り、価格やデザインに合わせたバリエーション豊かな家づくりが魅力的。

やまぜんホームズ

やまぜんホームズのロゴ

費用目安:1,500万円

特徴
地域密着型のメーカーだからこそ実現できる万全のアフターフォローと圧倒的なコストパフォーマンス。

鷲見製材(季然)

鷲見製材(季然)のロゴ

費用目安:2,600万円

特徴
国産の木材のみを使用した、自然空間あふれる和モダンなデザインで落ち着きのある暮らしを実現。

岐阜の注文住宅
おすすめ3選!

 
pagetop