こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較

注文住宅会社選び、施工例、地域情報を総まとめ。大満足の家づくりを叶えるパーフェクトガイド

こだわり別おすすめ注文住宅会社3

デザインとコスパを
両立した家づくり

グランハウス

中心価格帯
1600-2600万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

厳選された
自然素材の家づくり

ひだまりほーむ

中心価格帯
2400-3400万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

トヨタの技術を
いかした家づくり

トヨタホーム

中心価格帯
2000-3000万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト
グランハウス ひだまりほーむ トヨタホーム
デザインとコスパを両立した家づくり 厳選された自然素材の家づくり トヨタの技術をいかした家づくり
1600-2600万円
(35坪)
2400-3400万円
(35坪)
2000-3000万円
(35坪)
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
岐阜の注文住宅ガイド » こだわりをかなえる!注文住宅業者をピックアップ » 掃除しやすくするためのポイント

掃除しやすくするためのポイント

このページでは、家が掃除しやすくなるためのポイントを紹介します。

極力段差をつくらない

昨今では「バリアフリー」という概念がありますが、段差をつくらないことは掃除のしやすさにも繋がります。段差ばかりになると掃除機の移動が面倒になり、さらには掃除機をかける人の負担にもなるためです。

また、無人の掃除機ロボットも段差をなくすことで移動させやすくなります。階段はしかたないとして、極力段差をつくらず平面を意識した家づくりをするだけでも、掃除の利便性は異なるはずです。

他にも、床は濃い色よりも白っぽい色を選ぶと良いでしょう。埃を目立たなくなるという利点がります。逆に白色に近すぎる場合は、髪の毛のように黒いものが目立つので注意です。

床だけではなく、様々な点で「平」を意識する

床だけではなく、キッチン回りや収納など、様々な点において「平」を意識することも大切です。

曲線のものは埃が特定の場所に溜まりやすく、お洒落である一方で掃除しにくいというデメリットがあります。日常生活に彩をもたらしてくれる点においてデザインはとても大切ですが、掃除すると考えてみた場合は不便に感じるかもしれません。

オブジェの場合だと、意識しない人もいるでしょう。しかし、せっかくのオブジェが埃まみれになっているようでは台無しなので、掃除しやすいものなのかという観点も持つのがおすすめです。あるいは、いつ掃除するのかを決めて習慣化すれば、ストレスなく掃除もできるでしょう。普段からマメに掃除していれば、目立つほどの汚れを防いだり1回ごとの時間を短縮したりできます。

照明、家具等でも同様のことが言えるのがポイントです。家具やデザインを選ぶ際には、曲線主体のものよりも「平」で掃除しやすいのかという観点から見て探すのもありです。

コンセントの数・高さ

コンセントもまた、掃除の利便性に直結する部分です。

有線の掃除機を使っている場合は、コンセントの数が少ないと対応しづらい場所が出てくるかもしれません。

また、コンセントの数だけではなく、高さの問題もあります。いくらコンセントの数が多くとも、位置が低いと、コンセントを抜き差しする際に負担を感じることになるでしょう。

少し屈んだ程度でも抜き差しできる高さにコンセントを設置することで、ちょっとした負担を軽減できます。今は問題なくても、高齢になるとかがむ動作がやりづらくなるでしょう。長く住む家を建てるので、高い位置にコンセントを設置することも考えておきましょう。

収納を増やす

収納を増やすこともまた、掃除しやすい家を実現するためのポイントです。

収納が多ければ、片付けがはかどります。家が汚い、あるいは掃除できないと嘆いている人の多くは、物をどこに片付けるのかルールが明確ではないことが原因の1つかもしれません。適当に物を置き、その上にさらに違う荷物を置くというのが続くと、掃除しにくい状態になってしまいます。

しかし、収納が多ければ片付けも容易になるので、掃除もしやすくなるはずです。掃除とは汚い部屋を綺麗にするだけではなく、綺麗さを保つという意味もあります。収納が少ないと掃除を行っても、どこに片付ければよいのかが分からないので、結局は場所を移動しただけで根本的な解決になっていないケースも起こります。

収納は部屋を綺麗にするために役立ちますが、掃除しやすい家づくりという観点から見ても大切な部分です。

ただし、収納が一カ所に固まっていると、収納までのアクセスが悪くなり、掃除の効率が落ちてしまいます。収納は一カ所にまとめるよりも、いろいろな部屋に少しずつあった方が掃除しやすいでしょう。

回遊性の高い間取り

回遊性とは、一方通行ではなく様々な場所からのアクセスを可能にすることです。間取りで回遊性がないと、掃除の効率が落ちてしまいます。足を運んだら、再び同じ通路から戻らなければなりません。

効率の良い掃除が行えるようにするためには、同じところを回らない設計にすると良いでしょう。何度も同じ通路を通る手間を省けば、掃除が楽になります。

キッチン回りは特にこの点が強まりますので、キッチンと考えた時には、設備だけではなく、回遊性まで考慮してみるのがおすすめです。

扉や仕切りの稼働

掃除を行う際、扉や仕切りを開けたり閉めたりすることも想定してみましょう。開けやすいタイプにしておくことで掃除の際の移動がスムーズになります。例えば分厚い扉は防音性に優れていたり、デザインが複数あったりなどが魅力です。しかし、掃除の際に開閉が面倒だと感じる、あるいは力が必要になるなどで不便に感じるかもしれません。風の影響で勢いよく閉まった際は、ケガをする恐れもあります。

もちろん掃除しやすいかという点だけで考えるのではなく、様々な点を考慮しなければいけません。ただ、利便性や安全性を考えた際にどんなリスクや不便があるかも知っておくと、掃除しやすく快適にすごせる家の実現ができるはずです。

岐阜のこだわり別おすすめ注文住宅会社3選
こだわり別
おすすめ注文住宅会社3選

岐阜の工務店、ハウスメーカー、設計事務所カタログ

Copyright (C)岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較 All Rights Reserved.