こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
岐阜ですてきな注文住宅を建てるなら!おすすめ工務店、設計事務所、HM比較

注文住宅会社選び、施工例、地域情報を総まとめ。大満足の家づくりを叶えるパーフェクトガイド

こだわり別おすすめ注文住宅会社3

デザインとコスパを
両立した家づくり

グランハウス

中心価格帯
1600-2600万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

厳選された
自然素材の家づくり

ひだまりほーむ

中心価格帯
2400-3400万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

トヨタの技術を
いかした家づくり

トヨタホーム

中心価格帯
2000-3000万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト
こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
岐阜の注文住宅ガイド » こだわりをかなえる!注文住宅業者をピックアップ » 積雪量の多い岐阜の注文住宅

積雪量の多い岐阜の注文住宅

岐阜県の中でも特に北部は、特別豪雪地域を含む年間積雪量の多い豪雪地域として指定されており、注文住宅にも積雪対策を施しておくことが重要です。そこで、注文住宅における積雪対策について確認していきましょう。

岐阜県の積雪量

岐阜県は地域によって気候や積雪量の変化が大きい

岐阜県は、県内の各エリアで標高差も大きく、飛騨山脈の連なる北部エリアと、濃尾平野に木曽三川が流れる南部エリアでは、年間の気候や積雪量も大きく異なります。

岐阜県北部は日本有数の豪雪地域

岐阜県北部は日本有数の豪雪地帯として知られており、注文住宅を建てる場合、積雪に対する備えをしておくことは、非常に重要な安全対策といえるでしょう。

注文住宅について積雪を意識するべき理由

雪が大量に降ると、道をふさぐだけでなく、屋根に積もれば家を押し潰しかねないほどの重さになるので、豪雪地帯では昔から冬場の雪かきや雪下ろしといった除雪作業が必須でした。
しかし、雪かきは重労働な上、屋根に上って行う雪かきは転落事故にもつながる危険作業です。その為、そもそも住宅に積雪対策を施しておくことが欠かせません。

耐積雪等級とは?

耐積雪等級とは、積雪による構造躯体(骨組み)の倒壊・崩壊・損傷の生じにくさを表す基準であり、要するに積雪に対する屋根の強度ランクです。
等級は、数十年に一度の頻度で発生する積雪や、数百年に一度の確率で発生すると想定される規模の積雪に対して、その屋根がどれほど頑丈かを数値的に表します。

積雪地帯である岐阜県にあると便利な住宅設備

豪雪地帯における積雪リスクを考えると、注文住宅を設計する際には、まず「屋根に雪が積もりにくい設備」を検討することが重要といえます。そして、積雪地帯の注文住宅で便利な住宅設備としては、以下のようなものがあります。

電熱方式

屋根に電熱ケーブルを備えたり、床暖房などにも使われる面状発熱体を設置したりすることで、電気による発熱で雪を溶かして、積雪や凍結を防止する設備が、電熱方式です。
電気代がかかるものの、耐久年数が高いとされています。

温水循環方式

加熱した温水を、屋根や壁に組み込んだパイプ内へ流し込み、循環させて、雪を溶かす仕組みが温水循環方式です。電熱方式よりも省エネ性能に優れているものの、発熱効率の低下やパイプのメンテナンス作業という問題もあります。

ヒートパイプ方式

屋根に組み込んだパイプそのものが、伝熱機能を備えており、ボイラーなどの熱源で発生させた熱をそのまま伝えて雪を溶かします。導入コストは高いものの、ランニングコストが低く、メンテナンスが不要といったメリットは重要です。

生活排熱利用

日常生活の中で排出される熱を使って雪を溶かすものが、生活排熱を利用する設備です。日常的に生じる熱を利用する為、ランニングコストは抑えられる反面、導入にはコストがかかり、また屋根だけでなく家屋にも専用の設備を組み込まなければならないという問題もあります。

そもそも雪が積もらない住宅設計(克雪住宅)とは?

克雪住宅とは、屋根に積もった雪を溶かす設備を導入するだけでなく、そもそも住宅そのものに積雪に対する対策(克雪対策)が施されている住宅です。

耐雪型住宅

雪の重みに耐えられるよう、構造が強化されている住宅。

落雪型住宅

屋根を急勾配にしたり、滑りやすい材質を使ったりと、屋根の雪が勝手に落ちるよう対策された住宅です。

融雪型住宅

電気や熱によって雪を溶かす、融雪システムが組み込まれている住宅です。

岐阜県(高山市)の克雪住宅に対する補助金について

豪雪地帯を中心として、全国各地の地方自治体では、克雪住宅の新築に対する助成金を用意している場合も少なくあります。
例えば岐阜県高山市では、障がい者や65歳以上の高齢者が居住する住宅の増改築時に、「屋根融雪装置」を設置する為の補助金(限度額60万円)を受けられる、障がい者住宅改造助成事業や屋根融雪装置設置費助成が用意されています。
助成金の種類や条件、申込期間などは自治体によって異なる為、まずは役場へ確認してみましょう。

岐阜県で注文住宅を建てる時に気にするべき積雪まとめ

岐阜県北部のような豪雪地帯では、注文住宅を検討する際に、積雪から住宅を守る克雪対策についても考えることが欠かせません。

また、豪雪地帯では克雪住宅に対して助成金を受けられる場合もあり、確認してみることも重要です。

ただし、克雪対策として具体的に用いられる設備や費用について、本格的に検討する際は、不動産業者やハウスメーカーなどが行っている無料相談会を活用したり、専門家へ相談したりと、住宅のプロの意見を取り入れることが大切です。

こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
こだわり別
おすすめ注文住宅会社3選

Copyright (C)岐阜ですてきな注文住宅を建てるなら!おすすめ工務店、設計事務所、HM比較 All Rights Reserved.