こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較

注文住宅会社選び、施工例、地域情報を総まとめ。大満足の家づくりを叶えるパーフェクトガイド

こだわり別おすすめ注文住宅会社3

デザインとコスパを
両立した家づくり

グランハウス

中心価格帯
1600-2600万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

厳選された
自然素材の家づくり

ひだまりほーむ

中心価格帯
2400-3400万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

トヨタの技術を
いかした家づくり

トヨタホーム

中心価格帯
2000-3000万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト
グランハウス ひだまりほーむ トヨタホーム
デザインとコスパを両立した家づくり 厳選された自然素材の家づくり トヨタの技術をいかした家づくり
1600-2600万円
(35坪)
2400-3400万円
(35坪)
2000-3000万円
(35坪)
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
岐阜の注文住宅ガイド » こだわりをかなえる!注文住宅業者をピックアップ » 戸建とマンションのメリット・デメリット

戸建とマンションのメリット・デメリット

戸建てとマンション。いつの時代も、どちらにすべきかで悩んでいる人は多いでしょう。その理由は、それぞれにメリット・デメリットがあるからです。

このページでは、マンションと戸建てそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。

戸建のメリット

全てが「自由」

戸建ては全てが自由です。例えばリフォームをと思った時、誰かに許可を取る必要はありません。マンションは家の中であればある程度は自由に変えられます。しかし、家の外の共用部分は自らの意思だけで自由に決めることはできません。

車を使うから庭を駐車場にしたり、庭で植栽を行ったりなど、生活に合わせてリフォームや趣味を楽しめます。

戸建てであれば自宅の敷地内に自由に停められますし、自分や家族の希望に合わせて利用できるのがメリットです。

騒音トラブルの回避

マンションは、一つの建物に様々な人が生活することになります。建物の構造や家族構成などによって違いはあれど、騒音は起こりうるでしょう。防音に力を入れているマンションであっても、騒音を完全に遮断することは難しいのが難点です。小さい子供がいる場合、騒音を「与える側」になってしまい、近隣の住民と騒音トラブルに発展する可能性もあります。

戸建は自分の家なので、周りの階の人に迷惑をかけることはありません。

家の中でどれだけ元気よく騒いだとしても、「家の中」だけで住みます。もちろん、隣家との距離次第ではある程度気を遣わなければならない部分もありますが、マンションと比べると騒音トラブルリスクは圧倒的に低いのがメリットです。

駐車場代がかからない

マンションの場合、賃貸ではなく所有だとしても、駐車場代がかかるケースは珍しくありません。駐車場料金は地価に比例するので、都心部や繁華街に近い場合は駐車場料金もそれなりにかかります。

そのため、住宅ローンを完済した際の出費も変わる点は把握しておきましょう。戸建ての場合、住宅ローンの完済以降だと意識すべき点は固定資産税程度になります。マンションの場合は駐車場料金、さらには修繕積立費もかかるので、住宅ローンが終了したからと言っても「月々の支払がなくなる」訳ではありません。

戸建のデメリット

セキュリティ面を整えなければいけない

戸建ての場合、全て自己責任になります。良い部分もあればデメリットになる部分もありますが、顕著なのはセキュリティです。

マンションの場合、入り口は一つですし、管理人がいるケースもあります。それこそ高層階であれば、他人からの視線を感じることもないでしょう。

その点、戸建てだと間取りや環境によっては空き巣や強盗などのリスクが上がります。家を空ける際に戸締りは必須ですし、防犯対策なども全て自分たちで行わなければなりません。

マンションのメリット

共用施設がある

マンションによってはフィットネスマシンやプールもありますし、来客用の部屋やエントランスなどもあります。管理人という存在がいるのもメリットです。

マンションは「一つの建物に様々な人が住んでいる」スタイルなので、合理性を追求したものになっています。共用施設を用意し、住人が利用できる点は利用したい人にとって大きなメリットになるでしょう。

防犯対策がされている

防犯面に関して、マンションには大きなメリットがあります。

オートロックであれば、マンションの住人以外は許可なくマンションに入ることはできません。玄関先まで見知らぬ他人がやってくるリスクを防止できます。

高層階であれば、出かける際に窓を開けっぱなしでも誰かが入ってくることは考えにくいでしょう。

戸建ての場合、家を無人にする場合には常に家全体の戸締りを意識しなければいけません。マンションであれば、それこそオートロックでかつフロアに防犯カメラが用意されている場所もあります。防犯対策がしっかりしているところを選べば、快適に生活できるでしょう。

マンションのデメリット

近隣に配慮した生活を求められる

「自分の家」ではあっても、集団生活の場である以上、近隣への配慮は必須です。騒音等は常に意識しておかなければなりませんし、家の中でDIYを行う場合も音が響きます。マンションによっては工具の使用時間に制限を設けている所もありますが、騒音問題に起因しているのは言うまでもありません。

自宅からマンションの出入り口までの距離

マンションのデメリットとして、マンション出入り口までのアクセスが挙げられます。例えば駅まで徒歩5分だとしても、そのような表記はマンションの出入り口からの距離であって、自宅とは限りません。

高層階でエレベーターを利用しなければならない場合、朝の通勤時間帯はエレベーターが混みあってなかなか自分が利用できないケースもあります。

また、エレベーターが無い場合には常に階段でのアクセスになるのが難点です。

まとめ

戸建とマンションどちらかを選ぶ際は、「自分の思い描くライフスタイルにはどちらが向いているのか」という視点で考えることが大切です。メリット・デメリットをもって「どちらが優れているのか」で選ぶのも良いかもしれませんが、やはり将来のことも考えたうえでどちらが自分や家族に合っているか、慎重に選んだほうが良いでしょう。

こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
こだわり別
おすすめ注文住宅会社3選

岐阜の工務店、ハウスメーカー、設計事務所カタログ

Copyright (C)岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較 All Rights Reserved.