こだわり別おすすめ注文住宅会社3選
岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較

注文住宅会社選び、施工例、地域情報を総まとめ。大満足の家づくりを叶えるパーフェクトガイド

こだわり別おすすめ注文住宅会社3

デザインとコスパを
両立した家づくり

グランハウス

中心価格帯
1600-2600万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

厳選された
自然素材の家づくり

ひだまりほーむ

中心価格帯
2400-3400万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト

トヨタの技術を
いかした家づくり

トヨタホーム

中心価格帯
2000-3000万円(35坪)

施工例を見る
公式サイト
グランハウス ひだまりほーむ トヨタホーム
デザインとコスパを両立した家づくり 厳選された自然素材の家づくり トヨタの技術をいかした家づくり
1600-2600万円
(35坪)
2400-3400万円
(35坪)
2000-3000万円
(35坪)
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
岐阜の注文住宅ガイド » こだわりをかなえる!注文住宅業者をピックアップ » 注文住宅でめんどくさいと感じるポイント

注文住宅でめんどくさいと感じるポイント

めんどくさいポイント

時間がかかる

多くの人が面倒くさいと感じるのは、時間がかかる点が挙げられます。

話し合いは数分程度で終わるものではありません。厳密に「何分話し合わなければならない」と定められているのではなく、話がまとまるまで行わなければならないのが懸念点です。

その際、依頼する業者の事務所やオフィスが遠ければ足を運ぶだけでも時間がかかります。一般的に、注文住宅は夫婦で依頼することが多いかと思いかと思いますが、共働きであれば夫婦の時間を合わせるだけでも面倒なものです。特に両者の休日が異なる場合、スケジューリングから考慮しなければいけません。

どれだけ時間がかかるのかゴールさえ分からないため、長引いてしまうと集中力も途切れてしまいます。規定回数をこなせば終わると分かっていれば「それまで頑張ろう」となれますが、家造りは大きな買い物であるためそう簡単に決められないでしょう。

話がまとまらなければ、休日はいつも業者との話し合いで潰れるといったケースもあります。

理想を叶えられる点はメリットではありますが、全てが自由だからこそ、こだわりだすとなかなか妥協できないと感じるかもしれません。理想と現実をすり合わせるのが難しいという理由からも、話し合いで時間がかかることはあります。その点に関して、「面倒」と感じる人もいることでしょう。

家族と意見が合わない

面倒くさいと感じる理由で多いのが、家族と意見が合わない点です。

注文住宅を建てたら誰が住むのかといえばいうまでもなく「家族」ですが、家族もそれぞれで理想が異なります。

ケース1 夫婦で意見が合わない

おそらくこの点が最も多いと思われます。

夫婦で意見が合わず、夫婦喧嘩にまで発展するケースは実際にあります。夫としての理想もあれば、妻としての理想もあるため相違があればぶつかってしまうのは当然です。それぞれを上手く擦り合わせることが求められる一方で、双方共に妥協したくない・できない部分もあります。

さらには予算との兼ね合いもあるでしょう。感情的に「それはダメだ」とするのではなく、予算の点から受け入れられず、喧嘩にまで発展してしまうケースも珍しくありません。家のデザインを見ている夫と、自分自身が利用することになるキッチンにこだわりたい妻という図式では、予算の配分にも違いがあります。

キッチン回りは最新のものにして、毎日の炊事を楽しみたいとする妻に対し、予算がかかりすぎていると話し合わずに意見を却下する。あるいは最新ではなくても、炊事はできるからと予算を削ってたりなど、お互いの意見を聞かずに決めるのは喧嘩の原因になります。結果、意見がかみ合わず、なかなか話が進められずに双方共に「面倒くさい」と感じることになりかねません。

ケース2 親子で意見が合わない

注文住宅は夫婦家族の住まいではありますが、場合によっては二世帯だったり、あるいは親が資金援助するケースもあります。その際に意見が食い違うことで、話がまとまらないということも起こるかもしれません。

例えば立地。どちらの親の近くに住むのかで揉めることも、人によってはあります。双方の親の中間地点をと考えて土地探しを行っているものの、なかなか良い物件が見当たらず話が進まない。そこで面倒くさいと感じるようになります。あるいはあくまでも「夫婦家族で」と考えている夫婦と、「親のこともある程度考えてほしい」と考えている親とで、話がまとまらないケースも見受けられます。

特に親が資金援助する場合、夫婦としても親の意見を無視することはできないでしょう。しかし、親の意見があまりにも理想とかけ離れている場合、なかなか意見がかみ合わず進めにくくなります。

ケース3 任せっぱなしで面倒くさく感じるケース

決して意見が合わない訳ではなく、むしろ意見がないことに対して面倒くさいと感じるケースも多いようです。

どちらか一方は注文住宅に対してやる気があるものの、一方が「任せるよ」「どちらでも良い」といったあいまいでやる気を感じさせない意見ばかりが目立ってしまう。やる気のある方は、次第に相手に対して「もっと真剣に考えてもらいたい」「どうしたいのか」などとイライラが募るでしょう。

注文住宅は夫婦で住むものだからこそ、夫婦でどうするのかを真剣に考えるのがおすすめです。一方が「任せます」というスタンスだと、独り相撲のような気持ちになり、面倒くさい、相手がその気ならもういいやという気持ちにもなりやすいでしょう。

また、任せっぱなしにしてしまうことで、完成後やっぱりここはこだわれば良かったとなるかもしれません。家の中で不便に感じることがあれば、改善できる設計がしやすくなるはずです。

ケース4 子供に関しての意見の相違

子供がいない、あるいはまだ小さい場合、注文住宅は将来設計を兼ねたものになります。

この点で意見がかみ合わず、面倒くさいと感じてしまう人も多いようです。子供の人数は注文住宅とは関係ない部分ですが、将来的に子供を増やすのか、あるいはそのままなのかで間取りも変わります。

将来設計は夫婦の問題ではありますが、注文住宅を建てた後に「やっぱりもっと欲しい」となると、間取りの問題に直面するでしょう。このような問題を避けるためには、夫婦でしっかりと話し合いをしなければいけません。しかし、注文住宅だけでも面倒くさいと感じているものの、そこに子供の問題が入ることでより「面倒」「そこまでややこしいならもういいよ」「子供ができてから考えよう」など、話がまとまらないケースもあります。

まとめ

注文住宅の話し合いにおいて面倒くさいと感じる部分は多々あります。

理想と現実はどうしても合わせるが難しいので、イライラさせられる部分があってもおかしくはありません。ただ、しっかりと話し合っておくことで、今後快適に過ごせるという大きなメリットがあります。

注文住宅にはこの先何十年と住むことになるので、妥協せずにしっかりと業者、さらには家族と話し合いをして理想をすり合わせることが大切です。その点についても、まず複数の業者に相談してみるのが良いでしょう。

岐阜のこだわり別おすすめ注文住宅会社3選
こだわり別
おすすめ注文住宅会社3選

岐阜の工務店、ハウスメーカー、設計事務所カタログ

Copyright (C)岐阜で理想の注文住宅を!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較 All Rights Reserved.