岐阜の予算別おすすめ
注文住宅会社3選

岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較
岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較
岐阜で理想の注文住宅を建てる

岐阜県で注文住宅を建てたい人のために、注文住宅会社、施工写真、地域情報を総まとめしています。岐阜県で大満足な家づくりを叶えるためにご活用ください。

予算別おすすめ注文住宅会社3

思わず自慢したくなる
おしゃれな家

グランハウス

参考坪単価
55万円 ~65万円※2

施工例を見る
公式サイト

1000万円代の
性能にも優れた家

シンプル工務店

参考坪単価
49万円 ~55万円※1

施工例を見る
公式サイト

大手の安心感がある
高性能住宅

ミサワホーム

参考坪単価
60万円 ~150万円※3

施工例を見る
公式サイト

2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:40~50万円程度、良コスパ:50~60万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯でユーザーニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。

グランハウス シンプル工務店 ミサワホーム
厳選された思わず自慢したくなる
おしゃれな家
1000万円代の
性能にも優れた家
大手の安心感がある
高性能住宅
55.0万円 49.0万円 60万円 ~150万円
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
岐阜の注文住宅ガイド » 岐阜で注文住宅を建てる際の基礎知識 » 注文住宅の防音対策について

公開日: |最終更新日時:

注文住宅の防音対策について

注文住宅を建てるにあたって、考えておきたい点のひとつが「防音対策」です。音が気になる状況は意外とストレスを感じることもあるため、防音についてはあらかじめしっかりと検討しておきましょう。こちらの記事では、押さえておきたい防音対策の考え方や、具体的な対策方法などをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

音が気になるケースとは?

「音が気になる」というケースには、2つのパターンがあります。1つ目が「自宅内からの音が気になるケース」、もう2つ目が「外からの音が気になるケース」です。

まず、「自宅内からの音が気になるケース」ですが、例えば洗濯機や掃除機の音が気になったり、子どもが走り回る音や声が気になる、お風呂やトイレなどから聞こえる水の音が気になるなどの状況が考えられます。このような音が家の中で響く原因は、間取りの組み合わせや構造、材質などが挙げられるでしょう。特に、吹き抜けを設けている住宅や上階のある木造住宅は音が響きやすいとされています。

また、「外からの音が気になるケース」ですが、例としては近隣の工事現場から出る音や道路、線路からの音などが考えられます。そのほか、近隣住宅から聞こえてくる生活音が気になる場合もあるでしょう。このように、外から聞こえてくる音は自分ではどうしようもないケースも多いものですが、一度気になるとそちらに意識を持っていかれてしまうため、何かに集中したくてもできない、といった状況になりがちです。

押さえておきたい防音対策の考え方とは?

防音対策を行うにあたっては、「防音性」「吸音性」「遮音性」という3つのポイントを押さえておくことが重要になってきます。ここでは、この3点についてご紹介していきますので、それぞれどのような性質を持っているのかをチェックしておきましょう。

防音性

「防音」とは、音漏れを防いだり、室内の音が外に漏れるのを防ぐという意味です。住まいの防音性を高めるための方法としては、防音効果が優れている建材や壁を使用するなどが挙げられるでしょう。また、この防音性には、「吸音性」や「遮音性」といったものも含まれています。それぞれ、どのような特徴を持っているのかを下記でご紹介していきます。

吸音性

「吸音」とは、音の伝わりを吸収することを指しています。このように、音を吸収することによってその音の反射を防げるため、音が室外に出たり、室内での音の反響を防いだりできます。例えば学校の音楽室や録音スタジオなどでは小さな穴が開いている壁や、突起物がある壁を使用していることがあります。この壁にある穴や突起物が、音を吸収する役割を果たしています。

遮音性

「遮音」とは、空気中に伝わる音を遮断することを指しています。遮音効果の高い材質を使用することによって、伝わってくる音を遮断して音が外に漏れるのを防ぐ方法で、防音対策の中でも比較的簡単に行える方法とされています。遮音に使用される素材としては、コンクリートや石膏、鉄板などが挙げられます。

おすすめの防音対策を紹介

ここからは、おすすめの防音対策についてご紹介していきます。実際に、どのような方法で対策が行えるのかをご紹介していきますので、注文住宅を建築する際にぜひ参考にしてみてください。

気密性と断熱性を高くする

防音対策のひとつとして、「気密性と断熱性を高める」という方法が考えられます。高気密・高断熱の家は、気密性の高い外壁を用いることによって外部から伝わってくる音を遮断できます。さらに、そこで遮断しきれなかった音を断熱材にて吸収する、という流れになるため、高気密・高断熱の家は遮音性が高い住宅といえるでしょう。

特に近隣の住宅との距離が近いと、外からの音が心配になることもあるかもしれません。このような場合にも高気密・高断熱の住まいを目指すことがおすすめです。実際に家を建てる場合には、施工会社に気密性や断熱性についても確認しておきましょう。

また気密性と断熱性の高い家は、遮音性が高いだけではなく外からの熱も伝わりにくいため、快適な環境で過ごすことにもつながってくるというメリットもあります。

建築構造は防音性の高いものを

防音性が高い建築構造についても知っておくと良いでしょう。例えば、RC造やSRC造をはじめとした鉄筋コンクリートの場合には、防音性が高いといわれています。これらの構造は、鉄の骨組みにコンクリートを流し込んで作っていくために隙間ができにくく密度が高いことから、防音性を高められます。

逆に、木造建築の場合には通気性の良い木材を使用しています。そのためRC造やSRC造などの鉄筋コンクリート造と比較すると、木造建築の方が遮音性は低くなります。ただし木材建築でも、カーペットを敷いたり防音ゴムを使用するなどさまざまな工夫をすることによって、屋内での防音対策も可能となります。また、家具の配置を工夫することで防音対策につながる場合もあります。

間取りを考える

防音対策を検討する際には、間取りについてしっかりと考えるのも重要なポイントです。例えば、トイレや浴室など水回りは騒音が発生しやすいエリアであるといえます。そのため、洗濯機やトイレなどを寝室の隣に配置したり、リビングの上に配置したりすると、流れる水の音が気になってしまう場合もあるでしょう。

また、子ども部屋をリビングの上に配置した場合には、子どもが走り回る足音や話し声が気になってしまうこともあるかもしれません。そのため音が発生しやすい部屋などは、家族が長い時間を過ごすことになるリビングの上に配置しないようにするのもポイントのひとつです。

さらに、このような音は家の中で気になるだけでなく、近隣とのトラブルにつながる可能性もゼロではありません。音が発生する可能性がある部屋は、寝室やリビングから遠ざけて配置する、隣の家と近いところには配置しないなどの工夫をすると良いでしょう。

部分別に対策する

家の中には、音が伝わりやすいところがあります。例えば、天井や床、壁などは騒音が伝わりやすいところといえます。このような部分を二重構造にすれば、音漏れを防げるでしょう。

そのほか、窓や玄関などの出入り口も音が発生しやすいポイントですので、窓の大きさや位置もしっかりと検討していくことがおすすめです。例えば、窓の位置は隣の家から可能な限り遠い場所に配置することにより、それぞれの家から出る騒音の軽減に繋げられます。また、窓の大きさに関しては小さい方が音を伝えにくくなりますが、あまりに窓が小さすぎる場合には採光に影響が出る可能性もありますので、建築会社とよく話し合いながら検討していくと良いでしょう。そのほか、二重窓や複層ガラスなどを採用して防音対策を行うのもひとつの方法といえます。

また、洗濯機を出入り口の近くに置いて使用する場合には音がどうしても漏れやすくなりますので、防音ドアを用いて音漏れを防ぐ方法が考えられます。

まとめ

騒音問題は、程度によっては大きな悩みに繋がる場合もありますので、防音対策はしっかりと行っておくことが大切です。こちらの記事では、注文住宅を建てるときなどに押さえておきたい、防音対策をご紹介してきました。対策を行う際には、「防音性」「吸音性」「遮音性」という3つのポイントを押さえておきましょう。そして、具体的な対策方法についてもぜひこちらの内容を参考にして、音が気にならない快適な環境を目指してください。

予算に合わせて選べる!
おすすめ注文住宅会社3

2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:40~50万円程度、良コスパ:50~60万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯でユーザーニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。

デザイン
グランハウス

引用元:グランハウス公式HP
https://granhouse.co.jp/works/p190/

参考坪単価
55万円 ~
65万円※2

3人の設計士が打ち合わせから設計、アフターフォローまで対応し、施主のイメージを体現する設計力の高い注文住宅をリーズナブルに提供。

グランハウスの公式HPで
施工事例をもっと見る

ローコスト × 高機能
シンプル工務店

引用元:シンプル工務店公式HP
https://simple-k.co.jp/works/p439/

参考坪単価
49万円 ~
55万円※1

デザイン性に優れ、1000万台というローコストながら、耐震等級3相当、断熱等級4相当の性能を持つバランスのいい注文住宅を提供。

シンプル工務店の公式HPで
施工事例をもっと見る

ハイエンド
ミサワホーム

引用元:ミサワホーム公式HP
https://www.misawa.co.jp/kodate/ziturei/detail/496

参考坪単価
60万円 ~
150万円※3

高い耐震性能、省エネ性能に加え、34年連続グッドデザイン賞受賞(※)、手厚いアフターサービスと大手ならではブランド住宅を提供。

ミサワホームの公式HPで
施工事例をもっと見る

※選定基準※
2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている坪単価を参考に岐阜の注文住宅会社を分類し、各価格帯で注文住宅を建てたいユーザーのニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。
・ローコストでも性能と間取りにこだわれる…シンプル工務店
└ローコスト帯の会社の中で唯一、標準仕様で高断熱(吹き付け断熱、高性能ハイブリッド樹脂サッシが標準仕様)且つ、間取りを自由に設計できる、性能と設計力とコストのバランスが良い会社
※耐震等級3相当、断熱等級4相当の国内最高等級が取得可能(間取りによっては対応できない場合もあり)
・こだわりのデザイン住宅が建てられる…グランハウス一級建築士事務所
└ミドルレンジ帯の会社の中で唯一、依頼者に3人以上の設計士が就くため、よりデザインイメージの再現性が高い会社
・実績と知名度にこだわる…ミサワホーム
└ハイエンド帯の会社の中で最も安定的な実績※を残しており、事業所を全国に展開している、実績と知名度がある会社
※34年連続(1990年~2022年)グッドデザイン賞を受賞(計167点)し、住宅業界で随一の実績※を持っている
※参照元:ミサワホーム公式HP(https://www.misawa.co.jp/design/award/good-design/all.html) 1990年-2023年までの累計数。2024年5月時点。
※1 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_simplek/) ※4
※2 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_162361/) ※4
※3 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_misawa/) ※4
※4 当サイトに記載している参考坪単価は、SUUMOに掲載している企業の責任において提供された住まいおよび住まい関連商品等の情報をそのまま掲載してます。掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、詳細につきましては各企業にお問い合わせください。

岐阜の予算別おすすめ
注文住宅会社3選をみる

予算別!
おすすめ注文住宅会社3選

2023年4月21日時点でSUUMOや公式サイトに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:35~49万円程度、良コスパ:50~59万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯で特筆すべき特徴を持つ会社をピックアップしました。

岐阜の工務店、ハウスメーカー、設計事務所の評判まとめ

Copyright (C)岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較 All Rights Reserved.