岐阜の予算別おすすめ
注文住宅会社3選

岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較
岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較
岐阜で理想の注文住宅を建てる

岐阜県で注文住宅を建てたい人のために、注文住宅会社、施工写真、地域情報を総まとめしています。岐阜県で大満足な家づくりを叶えるためにご活用ください。

予算別おすすめ注文住宅会社3

思わず自慢したくなる
おしゃれな家

グランハウス

参考坪単価
55万円 ~65万円※2

施工例を見る
公式サイト

1000万円代の
性能にも優れた家

シンプル工務店

参考坪単価
49万円 ~55万円※1

施工例を見る
公式サイト

大手の安心感がある
高性能住宅

ミサワホーム

参考坪単価
60万円 ~150万円※3

施工例を見る
公式サイト

2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:40~50万円程度、良コスパ:50~60万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯でユーザーニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。

グランハウス シンプル工務店 ミサワホーム
厳選された思わず自慢したくなる
おしゃれな家
1000万円代の
性能にも優れた家
大手の安心感がある
高性能住宅
55.0万円 49.0万円 60万円 ~150万円
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
岐阜の注文住宅ガイド » 岐阜市周辺の注文住宅会社と住環境を紹介 » 関市の注文住宅会社と住環境

公開日: |最終更新日時:

関市の注文住宅会社と住環境

関市でおすすめの注文住宅会社や、自治体の子育てへの取り組みについてまとめています。

関市でおすすめ注文住宅会社

ここでは、関市に対応している注文住宅会社の中で、該当エリアにモデルハウスがある・もしくは岐阜の住宅展示場にモデルハウスを出展している※注文住宅会社を紹介しています。
気になる会社が見つかったら、実際にモデルハウスに足を運んでみてはいかがでしょうか。

※Google検索で、「関市 注文住宅 モデルハウス」と検索して公式HPが表示された注文住宅会社の中で、関市にモデルハウスを出展している会社(住宅展示場も含む)を紹介しています。(2023年4月28日調査時点)

市原建設

市原建設の施工写真
引用元:市原建設公式HP(https://www.ichihara-kensetu.com/information/11-1-modelhouse/)

匠建ワークス

匠建ワークスの施工写真
引用元:匠建ワークス公式HP(http://shoken-works.jp/archives/portfolio/景色を楽しむl字型平屋の暮らし)

匠建ワークスは、コストを抑えた価格設定が魅力的なハウスメーカーです。規格住宅でありながら、設備変更や無垢材の採用が可能で、オリジナルで個性的な家づくりが実現できます。

タマホーム

タマホームの施工写真
引用元:タマホーム公式HP(https://www.tamahome.jp/case/5905)

タマホームでは、中間業者を挟まず施工の直接管理を徹底することで、良質で低価格の家づくりを実現しました。コストを抑えながらも、耐震性・耐久性を備えた長期優良住宅対応の家も提供しています。

大丸開発

大丸開発の施工写真
引用元:大丸開発公式HP(https://www.daimaru-fudosan.com/cases/42498/)

大丸開発では、岐阜県で40年以上安心できる高性能の住宅を提供してきました。お客様に寄り添った価格設定で、考え抜かれたストレスフリーな間取りの家づくりを行なっています。

イシンホーム

イシンホームの施工写真
引用元:イシンホーム公式HP(https://ishinhome.co.jp/case/個性的な外観デザインがユニークなwrc工法の家/)

イシンホームは、省エネ・創エネによるゼロエネ生活が可能なハウスメーカーです。高気密・高断熱の家にソーラーパネルや蓄電池を整備することで、電気やガスをほとんど買わない生活が実現できる家も建てられます。

株式会社 シンク

株式会社 シンクの施工写真
引用元:株式会社 シンク公式HP(https://www.i-sync-so.jp/2021/06/10262.html)

東濃ひのきをふんだんに使用し、ぬくもりが感じられる住まいを提供しているシンク。施主とのコミュニケーションを密に取ることによって、将来にわたり間取り・家具などについても変化に対応できる形を提案します。

ユニバーサルホーム(岐阜西店)

ユニバーサルホーム(岐阜西店)の施工写真
引用元:ユニバーサルホーム(岐阜西店)公式HP(https://www.universalhome.co.jp/style/pickup/029.html)

ユニバーサルホームは、部材の一括購入や工期短縮などによって無駄な経費を削減するなどさまざまな工夫によって、高品質でリーズナブルな住宅の提供を行っています。また、地熱床システムと地熱床暖房を採用している点も特徴です。

シロヤマ建設株式会社

シロヤマ建設株式会社の施工写真
引用元:シロヤマ建設株式会社公式HP(https://www.4680.co.jp/content/2435)

シロヤマが提供する住まいは、自然と調和・共存することを考えた数寄屋造りの家です。木や土、和紙、竹、草などの自然素材を活かして、趣を大切にした空間を作り上げます。また、庇や障子、襖、障子のデザインなどにも工夫を凝らしています。

株式会社N Styleホーム

株式会社N Styleホームの施工写真
引用元:株式会社N Styleホーム公式HP(https://nstylehome.jp/works/build/p3203/)

デザインと性能が共存した家づくりを行っているN Styleホーム。経験豊富な建築家と建てるからこそ、理想を叶える空間を提案してくれます。さらに、家を建てる土地が持つポテンシャルを引き出す住まいを作る点も特徴です。

名古路建築株式会社

名古路建築株式会社の施工写真
引用元:名古路建築株式会社公式HP(https://nakojinoie.jp/photo/album/1152272)

名古路建築株式会社は、美濃市や関市を中心として、新築住宅やリフォームを手がけてきた会社です。3代にわたって地域に根ざした家づくりを行ってきたからこそ、気候や風土に合った住まいを提供することができます。

下之保木材有限会社

下之保木材有限会社の施工写真
引用元:下之保木材有限会社公式HP(https://www.simonoho.com/post_9.html)

その家に100年住み続けられるよう、耐震性や耐久性に優れた自然素材の家づくりを行っている点が、下之保木材有限会社の特徴です。また、家の床材にはあたたかみが感じられるパイン材を使用することにより、明るい印象の住まいを提供します。

野田建設(しあわせホーム)

野田建設(しあわせホーム)の施工写真
引用元:野田建設(しあわせホーム)公式HP(https://www.shiawasehome.jp/jirei/index.html)

一級建築士による自由設計で、オリジナリティが溢れた住まいを作り上げる点が特徴。施主の夢や理想などをもとにしてコンセプトを作り上げることで、「生きた間取り」を作ることが可能です。色や形、材質などにこだわり、満足度が高い提案を行います。

アットリビング

アットリビングの施工写真
引用元:アットリビング公式HP(https://www.atliving-home.jp/content/3671)

建築家が設計を手がけることにより、「設計構造のクオリティの高さ」「高いデザイン性」を持つ家を提供できる点がアットリビングの特徴のひとつです。また、狭小地や傾斜地など、不利な条件の土地だったとしても、建築家の見識を活かして広がりのある空間を作り出すことができます。

平田建設

平田建設の施工写真
引用元:平田建設公式HP(https://www.ie-hirata.com/works/1774/)

地元に密着した家づくりを行っている平田建設。本社のある岐阜県関市から高速路を含め1時間以内のエリアを対象としています。「住む人にとっての暮らしやすさ」を考えた家を提案している点が特徴といえるでしょう。

フクタハウス

フクタハウスの施工写真
引用元:フクタハウス公式HP(https://www.fukutahouse.jp/showcase/house/32533)

完全自由設計の住まいを提供するフクタハウス。設計士が打ち合わせに同席することによって、スムーズな家づくりにつなげています。材料や設備のほか、柱などひとつひとつまで細かく決め、理想の間取りやデザインを作り上げます。

オグラホーム

オグラホームの施工写真
引用元:オグラホーム公式HP(https://www.ogura-home.co.jp/pages/21/detail=1/b_id=212/r_id=19/p212=6#block212-19)

積極的に新しい技術を取り入れているオグラホーム。地熱床システムや地熱床暖房を採用することにより、夏は涼しく、冬はあたたかい快適な住まいを提供しています。また、発泡ウレタンフォームを使用することで高い断熱性・気密性・吸音性を実現します。

川島建設

川島建設の施工写真
引用元:川島建設公式HP(https://suminagara.jimdofree.com/ギャラリー/新築住宅/w様邸/)

使用する木材にこだわりを持っている川島建設は、岐阜産の木材を使用した家づくりを行っています。さらに、コミュニケーションを大切にしている点も同社の特徴であり、施主とともに家づくりを進めていきます。

大和工務店

大和工務店の施工写真
引用元:大和工務店公式HP(http://daiwakoumuten.co.jp/2022/01/11/和モダンのぬくもりある家/)

大和工務店は、「夏は涼しく、冬は暖かい家」をモットーとした家づくりを行っています。さらに、デザインについてもこだわっており、実用性はもちろん遊び心が感じられるデザインを提供。また、自由設計住宅と規格型住宅の2種類を用意している点もポイントです。

伸和建設

伸和建設の施工写真
引用元:伸和建設公式HP(https://shinwa-kensetsu.jp/case_newly/slug-9752b27a9362ec9ac74bc59236410bea)

伸和建設では、「建物を支える壁」にこだわっている点が特徴のひとつです。高い強度を持つ壁パネルを採用することにより、通常の木造住宅よりも高い強度を実現しています。「どのくらい余裕を持って地震に耐えられるか」を重視した施工を行っています。

森住建

森住建の施工写真
引用元:森住建公式HP(https://www.mori-juken.jp/works/p6792/)

1887年創業の森住建は、地域に根ざした家づくりを行っている企業です。家づくりにおいては、「愛する家族を、守る家」を創ることを大切にしている点が特徴。1棟1棟の家づくりについて、丁寧にヒアリングを行ってさまざまな提案を行っています。

後藤建設

後藤建設の施工写真
引用元:後藤建設公式HP(https://onest.jp/gallery/32451/)

地元に密着した工務店として、80年にわたって高い品質の家づくりを行ってきた後藤建設。同社の特徴は、自社施工を行うことによって中間マージンをカットしている点。この点から、こだわりの住まいを適正な価格で提供することが可能となります。

宮部建設

宮部建設の施工写真
引用元:宮部建設公式HP(https://miyabe-kensetu.com/works/yaotsu-hiraya01/)

宮部建設では、施主が持つ要望を丁寧にヒアリングした上で、その内容を反映させた家づくりを行っています。さらに、地域の気候を考慮しながら、高性能な住宅を提供する点も同社の特徴。家族がのびのびと過ごしていけるような住まいを目指します。

隣接エリア紹介

関市に隣接しているエリアの注文住宅会社も紹介しています。住みたいエリアを検討中の方は、ぜひ他エリアもご確認ください。

岐阜市周辺の住みやすさと注文住宅会社

関市の平均坪単価

岐阜県関市における2024年(令和6年)の公示地価は平均3万6133円/㎡(坪単価坪単価11万9449円/坪)変動率は-0.57%となっています。公示地価ランキングは1374市町村中607位、変動率ランキングは1374市町村中822位です。

また、関市内を駅圏内としている駅のうち、地価平均が高いのがせきてらす前駅(地価平均:4万4800円/㎡)、関駅(地価平均:4万2625円/㎡)、松森駅(地価平均:4万0400円/㎡)、関口駅(地価平均:3万9350円/㎡)です。逆に最も低価格となっているのが加茂野駅(地価平均:2万2600円/㎡)となっています。

市内の地点別で見てみると、最も地価が高いのは山王通2-2-25(6万8500円/㎡)、西木戸町32番外(4万4800円/㎡)、西本郷通7-5-7(4万4600 円/㎡)となっています。

エリア 関市
坪単価平均 11万9449円/坪
変動率 -0.57%
※「土地代データ」の2024年4月3日時点の情報です。
参照元:土地代データ 岐阜市(https://tochidai.info/gifu/seki/)

関市の注文住宅の相場

注文住宅を検討する場合に気になることとして「費用がどれくらいかかるか」という点が挙げられるでしょう。そこでこちらでは関市で注文住宅を建てる場合の費用相場についてご紹介しています。

土地込みの相場・家のみの相場の2パターンをご紹介していますので、こちらのエリアで家を建てることを検討されている方はぜひ参考にしてみてください(ただし、さまざまな条件により相場よりも実際の価格が上下する可能性もあります)。

《相場価格の計算方法(土地40坪の場合)》
土地40坪 × 地域別の平均坪単価(※a)+ 建物代(※1)= 総額価格相場
※1:関市平均坪数 (※b)x 1坪当たり100万円(※c)

【計算式】

▼東海圏の住宅の1坪当たりの計算式

①東海圏住宅面積:125.2㎡(37.873坪)
②東海圏建設費:3,788.0万円
③関市の1住宅当たり延べ面積:120.61㎡(36.5坪)
④1坪当たり100万円(② / ①)
⑤1件あたりの建物代(③ x ④)
36.5坪 x 100万円 = 約3,650万円

参考元:
※a:土地代データ https://tochidai.info/gifu/
※b:e-Stat「統計でみる市区町村のすがた2022」の「居住」Excelデータより
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200502&tstat=000001166301&cycle=0&tclass1=000001166302&tclass2val=0
※c:住宅金融支援機構「2022年度 フラット35利用者調査.PDF」 https://www.jhf.go.jp/files/400366726.pdf

関市のすみやすさは?

関市は英語の「V」のような形をした街です。南部は濃尾平野の北部に位置していることから平野が広がっているものの、「両翼」の部分とも言うべき北部は山間部に入っています。北部と南部とでは、生活様式が異なるのもポイントの1つです。

南部の長良川鉄道沿線の場合、美濃太田駅から乗り換えることで名古屋にもアクセスできます。乗り換えが必要ではあるものの、名古屋駅までは約1時間です。自動車の場合、関ICからであれば名古屋はもちろん、岐阜にも短時間でのアクセスできます。

ちなみに坪単価は2020年2月現在で77,000円程と、およそ32万円の岐阜市の3分の1以下です。その他のエリア(多治見市や可児市)と比べても低い価格※となっています。岐阜県の市町村の中でも地価価格が低め(2019年時点で42位中26位)です。

※1参照元:土地代データ(https://tochidai.info/gifu/seki/)
※2参照元:土地代データ(https://tochidai.info/gifu/gifu/)
管理人

関連した記事を紹介します!

管理人

岐阜で家を建てる際の坪単価と注文住宅相場を紹介!

注文住宅を建てる際に一番気になるのは費用面ですよね。このページでは注文住宅を建てる時に皆さんがどれくらいかけているのかの平均や地域によって違う坪単価についてを紹介しています。これから建てようと検討している人は是非チェックしてみてください。

自然と大都市へのアクセスに恵まれた住みやすい街

関市は比較的治安が良い点や、名古屋や岐阜といった大きな街に比較的出やすい環境が整えられている一方で、北部には自然もあるなど、様々な特徴を持つ街です。関市のどこに住むのかでライフスタイルも変わりますが、自然に恵まれている住みやすい街だと考えて良いでしょう。

子育てに関する自治体の取り組み

産後健康診査助成制度

産後うつを予防するために受診した産後健康診査の費用の一部を助成してもらえます。

養育医療

生まれた時の体重が2,000g以下で、入院しての養育が必要だと医師に判断された場合、指定医療機関での入院の際の医療費を補助してもらえます。こちらは所得によって自己負担金が変わる制度です。

新生児聴覚検査費助成事業

生後半年未満で検査を受けている場合、上限で3,700円で1人1回ではありますが、「自動聴性脳幹反応検査:自動ABR(AABR)」または「耳音響放射検査:OAE」に関して助成金が出ます。

子育てに関する街の環境・施設

子育て世代包括支援センター

関市保険センター内に、子育て包括支援センター「ひだまり」が用意されています。妊娠期、あるいは出産後の子育てに関する悩み相談が行えるので、子育てで悩んでいる方におすすめです。

令和2年度留守家庭児童教室

保護者が就労している環境の関市立の小学校の1年から4年に就学している子供は、通常時は平日の授業終了後から午後7時まで、留守家庭のための自動教室が開催されています。こちらは教育委員会が開催しているので、安心して利用できるでしょう。

関市が行っている住宅関連の補助金

木造住宅耐震シェルター設置補助

地震が起きた際の安全確保の遺憾として、耐震シェルターや防災ベッドを設置する費用の一部を負担してもらえます。補助金額は対象経費の3分の2(上限額30万円)です。

申し込みの要件として、

が対象となります。また、過去に補助を受けたことがなく、かつ木造住宅耐震診断の結果が0.7未満だった住宅が対象です。

高齢者いきいき住宅改善助成事業

高齢者が自宅で安心して暮らせるよう、床段差の解消、手すりの取り付けなどの改修費用の一部が助成されます。対象は65歳以上の高齢者専用居室や浴室、洗面所、台所、便所などを改善するための経費です。利用者によって0~40%の負担率が用意されています。25万円以内のもので、基本的に1戸の住宅につき1回適用されるのが特徴です。

利用の際は

を高齢福祉課もしくは居住地の事務所へ提出しなければいけません。介護保険制度の住宅改修申請書も必要です。

平成30年豪雨応急修理

平成30年7月に発生した集中豪雨において、大規模半壊、または半壊となってしまった住宅が対象の補助金制度です。屋根や開口部、配管や衛生節義などの応急処理に関して費用を一部負担してくれもらえます。市役所にり災証明を発行してもらい、かつ応急修理の後に引き続き居住することが条件です。

世帯年収500万円以下であることも条件で、限度額は一世帯あたり584,000円。業者が発行した見積もりや修理前の写真などが必要になります。

ブロック塀の撤去費補助

災害発生時に起こりうる死傷者の発生や通行の支障など、二次被害を及ぼす危険性のあるブロック塀に関して撤去時の費用を補助してもらえます。補強コンクリートブロック、あるいは組積造で、道路に面している兵から道路巨回戦までの最短距離が塀の高さ以内などの条件付きです。

交付の条件として市税の滞納がない人で、かつ過去に補助金や助成金を受けていないこと、撤去後に同じ場所にブロック塀を設置しないことも条件となっています。

補助金額は補助対象経費の2分の1(最大で300,000円)ですが、

のいずれか少ない額が補助対象経費です。

特定空家等の解体工事費補助金

市内の住居環境確保のために、特定空き家の解体工事を行う業者に対して解体工事費を一部負担します。対象となる条件は

です。

放置していると危険な状態だったり、あるいは著しく景観を損ねている状態だったりした場合、所有者に対して経費の2分の1(限度額30万円)が補助されます。解体業者に支払ったものからの補助となるので、事前に補助を受けられるものではありません。解体業者に依頼し、空家を撤去した後に補助される性質である点は理解しておきましょう。

3世代同居世帯奨励金

関市外から転入してきた人を対象に、親・子・孫の3世代で同居もしくは隣居する際に奨励金が交付されます。2019年からは、奨励金の一部を地域経済応援券(せきチケ)で渡しているようです。せきチケは関市内にある協力店で利用できます。せきチケ利用可能店舗は、せきチケのステッカーが貼ってあるのが目印です関市公式サイトからも、対象店舗を確認できます。

3世代同居世帯奨励金で交付される額

親もしくは子供の転入で3世代同居になった場合は、5万円を交付してもらえます。そのうち3万円は地域経済応援券です。

また、対象者がリフォームを行った場合、住宅改修費でかかった金額の半分(最大20万まで・1回のみ)が加算されます。転入日の前後6ヶ月以内の場合にのみ適用されるので、早めに申し込みをしておくのがおすすめです。

3世代同居世帯奨励金の対象者

関市の公式サイトでは、以下のように記載されています。クリアしなければならない条件が複数あるので、全てに該当するかチェックしたうえで申し込みをしましょう。

  1. 3世代世帯の親または子が平成30年4月1日から令和5年3月31日までに関市に転入し、転入前1年以内に関市に住民登録がないこと
  2. 3世代世帯が同居または隣居(同一敷地内または隣接する敷地内に2棟以上の建物で居住)しており、同居または隣居を3年以上継続する見込みであること
  3. 3世代世帯の孫が18歳未満であること
  4. 対象住宅の所有権が、3世代世帯の構成員のいずれかの者の名義であること
  5. 申請日が1の転入日から6か月以内であること
  6. 市税等の滞納がないこと

※リフォーム費用の助成事業が対象になる方は以下の7.から10.も該当すること

  1. 住宅は、昭和56年6月1日以降に建築された住宅であること
  2. 住宅は、関市内に個人が所有する住宅であること。ただし、店舗などを兼ねる家屋である場合は、居住部分の面積が1/2以上であること
  3. リフォーム費用の支払い日が1の転入日の前後6か月以内であること
  4. 申請日が9.のリフォーム費用の支払日から6か月以内であること
引用元:関市公式サイト(https://www.city.seki.lg.jp/0000012355.html)

関市の「住宅・建築」に関する取り組み

地震防災マップの策定

関市では地域住民の防災意識を高めるために、市内において地震の防災マップを作成しています。特に岐阜県エリアは東海地震や東南海複合型地震が想定されているので、事前に防災マップの詳細は知っておいたほうが良いでしょう。

中部、西部、東部それぞれにおいて地震の揺れによって建物にどれだけの被害が出るのかが分かります。東海エリアを襲うとされている地震に関して、一人一人が防災意識を高めるようにと配慮されている防災マップ。全壊する建物の割合を示して、各々の住まいにおける耐震・制震への興味をとの狙いもあるようです。

あくまでも目安ではありますが、東海地震は「いつ起きてもおかしくはない」とされています。家屋の安全のみならず、日常生活の中での防災意識向上も狙いです。

引用元:関市公式サイト(https://www.city.seki.lg.jp/0000015954.html)

東京圏からの移住支援事業

東京23区に5年以上継続して在住、あるいは通勤していた方の関市移住支援策が実施されています。都道府県が運営するマッチングサイトの移住支援金対象企業の求人に応募し、就業が決まった場合に移住支援金が支払われるというシステムです。交付金額は単身の場合60万円、世帯での場合は100万円となっています。

また、23区ではなくても東京圏における条件不利地域以外の地域に居住し、5年以上雇用保険の被保険者あるいは個人事業主として23区内の起業に通勤していた場合にも適用可能です。

注意点としては、一時的な移住ではなく継続して5年以上の居住意思がある点が条件となっています。市に納付すべき市税や保育料、水道料金などで滞納がないことも必須です。

引用元:関市公式サイト(https://www.city.seki.lg.jp/0000014347.html)

関市都市計画マスタープラン

関地域や武芸川エリアを中心に策定された都市化計画です。関市に関わらず、日本全国各地は今後の社会情勢を見据えた都市計画が求められています。当初は平成12年に策定されたもので、その後平成23年、平成25年に改良が加えられました。

コンセプトとしては、今後関市がどのように発展するのかを含めたロードマップです。関市の将来像をしっかりと見据えることで、関市が今後どのような街に発展していくのか考えられています。

関市への居住を検討している人は、ロードマップを見ることで自らのライフスタイルに合致しているのかイメージしやすくなるはずです。住まいを考えるということは、ライフスタイルを決めることも意味します。街としてどのような発展を目指しているのかが分かれば、居住を前向きに検討しやすくなるでしょう。

引用元:関市公式サイト(https://www.city.seki.lg.jp/0000001656.html)

住居表示制度

関市では住居表示制度を採用しているのが特徴です。住居表示とは居住地とは別の住居番号を割り振られるもので、住所に居住地と住居表示の二種類が表示されます。あくまでも区分的なもので、日常生活に支障をきたすことはありません。

関市は古くからの建物が多いエリアです。住所だけでは、どこなのかを特定することが困難な世帯も珍しくありません。運送業のみならず、明確な住居表示ができないことでトラブルの原因になってしまったり、行政の取り組みが徹底できなかったりするケースも想定されることから、住居番号が用意されています。

関市開発指導要綱の策定

関市では様々な開発が行われています。担当業者が適切に、かつ秩序のある施工を置越えるよう関市開発指導要綱を策定しています。1,000平方メートル以上の開発事業の計画の際には、基準を定めなければいけません。これは人と自然が共存する生活環境の土地利用推進などが目的とされています。

関市は自然溢れる街ですが、都市化が進むとなれば自然を損ねてしまう可能性もあるのが懸念点です。自然との共存を掲げている関市では、むやみに自然を破壊することなく、自然との共存を目指しています。その点を業者にも徹底してもらうためのガイドラインだと考えると良いでしょう。

組合施行土地区画整理事業について

関市において組合施行土地区画整理事業が行われる際には、手順が定められています。土地所有者や住民の合意を経て、市への技術援助の申請、さらには事業計画や法手続きが必要です。住民が知らないところで勝手にあれこれ決まってしまうことはありません。

せっかく移住したり、マイホームを建設したりしたものの、自分の知らないところで勝手に行政が都市計画を立ててしまい、立ち退きを命じられてしまうようなことはないでしょう。そうならないよう、ルールがしっかりと定められています。

関市で家を建てるまとめ

主要都市へのアクセスが悪くはない関市

関市は名古屋や岐阜といった中京圏・東海圏の主要都市へのアクセスが悪くはありません。鉄道網であれば名古屋は比較的アクセスしやすい環境ですし、自動車であれば名古屋はもちろん岐阜にもアクセスしやすいです。自動車社会でもあることを踏まえると、名古屋や岐阜が、比較的「近い街」と感じることでしょう。

関市は治安がよく自然も豊富で子育てにぴったり

関市は治安も良く、さらには自然も豊富なので、子供を伸び伸びと育てられる環境が整えられていると考えて良いでしょう。都会の喧騒よりも、治安の良さから大自然に囲まれた伸び伸びとした生活が送れる街です。

関市は理想の家が建てやすい

関市は地価が岐阜市のおよそ3分の1です。自動車を駆使すれば、30分程度でアクセスできます。単純に岐阜市で建てるよりも、多くの予算を割けると考えられます。気に入る土地を見つけられれば、理想の家を建てやすいでしょう(2023年7月4日時点)。

※1参照元:土地代データ(https://tochidai.info/gifu/seki/)
※2参照元:土地代データ(https://tochidai.info/gifu/gifu/)

その他にもある、
岐阜で注文住宅を建てる際の住宅メーカー紹介!

予算に合わせて選べる!
おすすめ注文住宅会社3

2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:40~50万円程度、良コスパ:50~60万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯でユーザーニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。

デザイン
グランハウス

引用元:グランハウス公式HP
https://granhouse.co.jp/works/p190/

参考坪単価
55万円 ~
65万円※2

3人の設計士が打ち合わせから設計、アフターフォローまで対応し、施主のイメージを体現する設計力の高い注文住宅をリーズナブルに提供。

グランハウスの公式HPで
施工事例をもっと見る

ローコスト × 高機能
シンプル工務店

引用元:シンプル工務店公式HP
https://simple-k.co.jp/works/p439/

参考坪単価
49万円 ~
55万円※1

デザイン性に優れ、1000万台というローコストながら、耐震等級3相当、断熱等級4相当の性能を持つバランスのいい注文住宅を提供。

シンプル工務店の公式HPで
施工事例をもっと見る

ハイエンド
ミサワホーム

引用元:ミサワホーム公式HP
https://www.misawa.co.jp/kodate/ziturei/detail/496

参考坪単価
60万円 ~
150万円※3

高い耐震性能、省エネ性能に加え、34年連続グッドデザイン賞受賞(※)、手厚いアフターサービスと大手ならではブランド住宅を提供。

ミサワホームの公式HPで
施工事例をもっと見る

※選定基準※
2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている坪単価を参考に岐阜の注文住宅会社を分類し、各価格帯で注文住宅を建てたいユーザーのニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。
・ローコストでも性能と間取りにこだわれる…シンプル工務店
└ローコスト帯の会社の中で唯一、標準仕様で高断熱(吹き付け断熱、高性能ハイブリッド樹脂サッシが標準仕様)且つ、間取りを自由に設計できる、性能と設計力とコストのバランスが良い会社
※耐震等級3相当、断熱等級4相当の国内最高等級が取得可能(間取りによっては対応できない場合もあり)
・こだわりのデザイン住宅が建てられる…グランハウス一級建築士事務所
└ミドルレンジ帯の会社の中で唯一、依頼者に3人以上の設計士が就くため、よりデザインイメージの再現性が高い会社
・実績と知名度にこだわる…ミサワホーム
└ハイエンド帯の会社の中で最も安定的な実績※を残しており、事業所を全国に展開している、実績と知名度がある会社
※34年連続(1990年~2022年)グッドデザイン賞を受賞(計167点)し、住宅業界で随一の実績※を持っている
※参照元:ミサワホーム公式HP(https://www.misawa.co.jp/design/award/good-design/all.html) 1990年-2023年までの累計数。2024年5月時点。
※1 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_simplek/) ※4
※2 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_162361/) ※4
※3 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_misawa/) ※4
※4 当サイトに記載している参考坪単価は、SUUMOに掲載している企業の責任において提供された住まいおよび住まい関連商品等の情報をそのまま掲載してます。掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、詳細につきましては各企業にお問い合わせください。

岐阜の予算別おすすめ
注文住宅会社3選をみる

予算別!
おすすめ注文住宅会社3選

2023年4月21日時点でSUUMOや公式サイトに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:35~49万円程度、良コスパ:50~59万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯で特筆すべき特徴を持つ会社をピックアップしました。

岐阜の工務店、ハウスメーカー、設計事務所の評判まとめ

Copyright (C)岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較 All Rights Reserved.