岐阜の予算別おすすめ
注文住宅会社3選

岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較
岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較
岐阜で理想の注文住宅を建てる

岐阜県で注文住宅を建てたい人のために、注文住宅会社、施工写真、地域情報を総まとめしています。岐阜県で大満足な家づくりを叶えるためにご活用ください。

予算別おすすめ注文住宅会社3

思わず自慢したくなる
おしゃれな家

グランハウス

参考坪単価
55万円 ~65万円※2

施工例を見る
公式サイト

1000万円代の
性能にも優れた家

シンプル工務店

参考坪単価
49万円 ~55万円※1

施工例を見る
公式サイト

大手の安心感がある
高性能住宅

ミサワホーム

参考坪単価
60万円 ~150万円※3

施工例を見る
公式サイト

2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:40~50万円程度、良コスパ:50~60万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯でユーザーニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。

グランハウス シンプル工務店 ミサワホーム
厳選された思わず自慢したくなる
おしゃれな家
1000万円代の
性能にも優れた家
大手の安心感がある
高性能住宅
55.0万円 49.0万円 60万円 ~150万円
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
公式サイトで
施工例を見る
岐阜の注文住宅ガイド » 岐阜で注文住宅を建てる際の基礎知識 » 注文住宅における防火対策の重要性

公開日: |最終更新日時:

注文住宅における防火対策の重要性

火災が発生してしまえば、財産だけではなく、人命さえも奪われてしまうことがあります。この恐ろしい災害を予防するために防火対策は非常に重要なものとなります。この記事では、防火対策の基本知識や防火地域などについて詳しく解説していきます。

注文住宅に防火は必要!

火事は毎日どこかで起きている

住宅火災による死亡者数は平成17年から減少傾向にありましたが、令和3年と令和4年には約1,000人に増加しました。令和4年には1万1,411件の住宅火災が発生し、972人が死亡、そのうち約75%が65歳以上の高齢者でした。つまり、家事は毎日どこかで起きており、亡くなる方もいるということです。死亡原因の半数は「逃げ遅れ」で、発火源は「電気器具」「たばこ」「ストーブ」「こんろ」が主な原因です。コンセントのほこりやたこ足配線が出火の原因となっています。

出典:https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201603/3.html

岐阜県の防火地域について

防火対策のために各地域に防火地域・準防火地域というものが設定されている場合があります。これは都市計画法で「市街地の火災危険を防除する地域」として指定されます。多くは駅前や建物密集地、幹線道路沿いで、火災延焼の防止や緊急車両の通行確保が目的です。また、これらの地域に家を建てる場合、家の構造や材料に一定の条件がつけられます。岐阜県でも設定されており、市役所や建築会社で確認ができます。

出典:建築基準法第22条における区域│岐阜市
https://www.city.gifu.lg.jp/info/machizukuri/1008055/1008081/1008084.html

注文住宅と防火対策の基本知識

火災に対する構造として性能の高い順に、「耐火構造」、「準耐火構造」、「防火構造」という基準があります。それぞれの内容を解説します。

耐火構造とは

「耐火構造」とは、壁や床などが火災の間に建物の倒壊や延焼を防ぐ性能を持つ構造のことです。主要な構造部分(壁、柱、床、梁、屋根、階段)は国土交通大臣の認定を受け、不燃材料を使用します。主な構造方法にはRC造、SRC造、S造、コンクリートブロック造があり、技術進歩により木造でも適合可能です。耐火構造で建てられた建物には防火区画や防火設備が設置され、火災拡大防止と避難の安全が確保されています。

準耐火構造とは

「準耐火構造」は「通常の火災による延焼を抑制するための構造」として、階数が低く延床面積が小さい建物に適用されます。構造部分により異なりますが、最長1時間、火災による崩壊や延焼を防ぐ必要があります。準耐火構造で建てられた建物には防火区画や防火設備が設置され、火災拡大防止と避難の安全が確保されています。

防火構造とは

大勢が集まる施設や高層・大規模建物、また防火地域・準防火地域に建てる場合、多くは「耐火構造」か「準耐火構造」が必要です。しかし、比較的小規模な住宅では「防火構造」が求められます。これは周囲の火災延焼を防ぐため、外壁と軒裏に防火性の材料を使用し、30分の加熱でも変形や破壊がなく、裏面が出火温度に達しないことが要件です。木造住宅では外壁の屋外側を鉄網モルタル塗り、屋内側を石膏ボード張りにする方法があります。

適用される建物の種類と基準

この火災に対する構造は、法律により適用されることが決まっています。その要件の一部を以下にご紹介します。詳細は建築会社などに問い合わせてみましょう。

参照:https://www.mlit.go.jp/gobuild/content/001749735.pdf

火災に強い家の素材

木造の防火対策

木造の防火対策では、木材自体に防火対策をする必要があります。主に使用されるのは、不燃木材と不燃塗装木材です。不燃木材とは、ホウ素系(ホウ酸)や、リン酸系(リン酸アンモニウム)等の不燃薬剤が注入された木材で、注入量によって不燃・準不燃・難燃と認定種類が変わります。一方、不燃塗装木材とは、「防火材料に塗布してもその防火性が下がらない(燃焼を早めない)」ものであり、通常の木材を“不燃化”するものではありません。また、木造の場合には、防火塗料(不燃塗料・準不燃・難燃塗料の総称)を使用して、防火性や耐久性を維持します。

鉄骨造の防火対策

鉄骨は木造よりも強い構造を持ちますが、500°C 以上の温度にさらされると、構造の完全性と安定性が低下し、建物の崩壊につながる可能性があります。そのため、耐火被覆が必要となります。この 耐火被覆を施し、国土交通大臣の認定を受けた構造物を耐火構造と呼びます。火災発生から鎮火までの時間は約30分から3時間程度です。耐火構造により、建物の倒壊や周囲への延焼を防ぎ、被害を最小限に抑えます。

その他の素材

木造や鉄骨以外の素材についてご紹介しましたが、それ以外の素材はどうでしょうか。鉄筋コンクリートの場合は主要構造部(壁、柱、床、はり、屋根又は階段)が耐火構造なので、外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に防火戸等の防火設備を設ければ耐火建築物になります。また、窓ガラスは、2枚のガラスで構成される複層ガラスを使用することで、防火性が獲得できます。防火設備として設計された窓の中には、準防火地域制限に対応した製品もあります。

注文住宅で考慮すべき防火ポイント

防火区画の設置

防火区画とは、建築物の内部で火災が発生したときに、火災の拡大を最小限に抑えるために、建築物内部の区画を制限したもので、建築基準法施行令第112条によって定めらたものです。一般の住宅に関しても面積や構造により必要な場合があります。

煙感知器やスプリンクラーの設置

一般住宅の場合、煙感知器は義務化されていますが、スプリンクラーは義務ではありません。しかし、現在では住宅用のスプリンクラーを設置している例も増えてきているようです。スプリンクラーがあれば、初期消火に貢献することになるでしょう。

日常生活での防火意識も大切に

耐火構造など、火災の予防は非常に大切なことですが、日々の生活の中で防火意識を持つことも非常に重要なことです。火災は「これくらいなら大丈夫」という意識が生まれたときに起こるものです。以下のポイントを意識して防火意識を高めましょう。

まとめ

ご紹介してきたように、注文住宅における防火対策を考えることは非常に重要なことです。また、法律で決められていることもあるので、自分だけで考えるのではなく、建築会社や役場などにも相談してみましょう。そして、日常でも防火を意識して生活することも、大きな防火対策につながります。

予算に合わせて選べる!
おすすめ注文住宅会社3

2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:40~50万円程度、良コスパ:50~60万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯でユーザーニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。

デザイン
グランハウス

引用元:グランハウス公式HP
https://granhouse.co.jp/works/p190/

参考坪単価
55万円 ~
65万円※2

3人の設計士が打ち合わせから設計、アフターフォローまで対応し、施主のイメージを体現する設計力の高い注文住宅をリーズナブルに提供。

グランハウスの公式HPで
施工事例をもっと見る

ローコスト × 高機能
シンプル工務店

引用元:シンプル工務店公式HP
https://simple-k.co.jp/works/p439/

参考坪単価
49万円 ~
55万円※1

デザイン性に優れ、1000万台というローコストながら、耐震等級3相当、断熱等級4相当の性能を持つバランスのいい注文住宅を提供。

シンプル工務店の公式HPで
施工事例をもっと見る

ハイエンド
ミサワホーム

引用元:ミサワホーム公式HP
https://www.misawa.co.jp/kodate/ziturei/detail/496

参考坪単価
60万円 ~
150万円※3

高い耐震性能、省エネ性能に加え、34年連続グッドデザイン賞受賞(※)、手厚いアフターサービスと大手ならではブランド住宅を提供。

ミサワホームの公式HPで
施工事例をもっと見る

※選定基準※
2024年5月9日時点でSUUMOに掲載されている坪単価を参考に岐阜の注文住宅会社を分類し、各価格帯で注文住宅を建てたいユーザーのニーズを満たす特徴を持つ会社をピックアップしました。
・ローコストでも性能と間取りにこだわれる…シンプル工務店
└ローコスト帯の会社の中で唯一、標準仕様で高断熱(吹き付け断熱、高性能ハイブリッド樹脂サッシが標準仕様)且つ、間取りを自由に設計できる、性能と設計力とコストのバランスが良い会社
※耐震等級3相当、断熱等級4相当の国内最高等級が取得可能(間取りによっては対応できない場合もあり)
・こだわりのデザイン住宅が建てられる…グランハウス一級建築士事務所
└ミドルレンジ帯の会社の中で唯一、依頼者に3人以上の設計士が就くため、よりデザインイメージの再現性が高い会社
・実績と知名度にこだわる…ミサワホーム
└ハイエンド帯の会社の中で最も安定的な実績※を残しており、事業所を全国に展開している、実績と知名度がある会社
※34年連続(1990年~2022年)グッドデザイン賞を受賞(計167点)し、住宅業界で随一の実績※を持っている
※参照元:ミサワホーム公式HP(https://www.misawa.co.jp/design/award/good-design/all.html) 1990年-2023年までの累計数。2024年5月時点。
※1 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_simplek/) ※4
※2 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_162361/) ※4
※3 参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_misawa/) ※4
※4 当サイトに記載している参考坪単価は、SUUMOに掲載している企業の責任において提供された住まいおよび住まい関連商品等の情報をそのまま掲載してます。掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、詳細につきましては各企業にお問い合わせください。

岐阜の予算別おすすめ
注文住宅会社3選をみる

予算別!
おすすめ注文住宅会社3選

2023年4月21日時点でSUUMOや公式サイトに掲載されている参考坪単価をもとに、岐阜の注文住宅会社を3つの価格帯に分類 (ローコスト:35~49万円程度、良コスパ:50~59万円程度、ハイコスト:60~100万円程度)し、 それぞれの価格帯で特筆すべき特徴を持つ会社をピックアップしました。

岐阜の工務店、ハウスメーカー、設計事務所の評判まとめ

Copyright (C)岐阜で理想の注文住宅を建てる!工務店、設計事務所、ハウスメーカー徹底比較 All Rights Reserved.